インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月28日)
鳥獣戯画 ─ 京都 高山寺の至宝 ─
墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた国宝・鳥獣人物戯画。断簡5幅もあわせて、いよいよ東京で公開です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月27日)
連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展
単行本発行部数が世界累計で2億部を超える世界的人気漫画。15年の連載を振り返る、初めての企画展です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月27日)
ふたたびの出会い 日韓近代美術家のまなざし―『朝鮮』で描く
狭い海峡を挟んで一衣帯水の日韓両国。先人の足跡を検証しつつ、次の時代に向けて関係を深化させるのは、今を生きる私たちの使命です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月24日)
あの歌麿が帰ってきた!「深川の雪」再公開
60余年ぶりの公開から1年。喜多川歌麿渾身の大作が再公開中です。明るい話し声が聞こえてきそうな27名、流れるようなレイアウトです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月23日)
日本の妖美 橘小夢展
妖美に満ちた女性を描かせたら天下一品、新発見作品が21点も並ぶ展覧会が、弥生美術館で開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月22日)
いぬ・犬・イヌ
去年がネコなら、今年はこれでしょ。埴輪から屏風、近代・現代の絵画まで。たぶん101匹以上いると思います
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月22日)
没後100年 小林清親展 文明開化の光と影を見つめて
光と影を巧みに操る「光線画」で一世を風靡した小林清親。実は日本で初めてライオンを描き、水彩も巧みでした
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月21日)
ユトリロとヴァラドン 母と子の物語
恋多き母と酒乱の息子は、ふたりともスター画家でした。ヴァラドンを大きく取り上げるのは久しぶりです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月20日)
燕子花と紅白梅 ─ 光琳デザインの秘密 ─
尾形光琳の国宝2大屏風が揃う特別展が、いよいよ東京でも始まりました。生きているうちは最初で最後かも?
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月17日)
山口小夜子 未来を着る人
70年代初頭からアジア人初のトップ・モデルとして一世を風靡。晩年は若いクリエイターと実験的な試みを行っていました
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月17日)
生誕110年 片岡球子展
他の追随を許さない強烈な個性で、一途に創作を続けた片岡球子。長い長い画業は、会場最後の年表でもご確認いただけます
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月16日)
ダブル・インパクト 明治ニッポンの美
開国で西欧に触れた日本は大きな衝撃を受けましたが、日本に接した西欧も、遠い異国の文化や風俗に大きな衝撃を受けました
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月16日)
誕生60周年記念 ミッフィー展
オランダ語ではナインチェ・プラウス。ふわふわうさちゃん、とよばれます。還暦のメモリアルイヤーの記念展です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月15日)
信州・小布施の北斎館がリニューアル
83歳ではじめて信州・小布施を訪れた葛飾北斎。滞在中に描いた肉筆画と祭り屋台を展示する北斎館がリニューアルしました
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月13日)
歴代館長が選ぶ 所蔵名品展
開館20周年を迎える千葉市美術館、歴代3館長が中心になってセレクトした逸品をご紹介します。若冲《乗興舟》は、4/26まで!
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月12日)
三井の文化と歴史(前期)茶の湯の名品
三井文庫と三井記念美術館はともにメモリアルイヤー。記念特別展の第一弾・前期は三井各家に伝わる茶道具の名器を紹介します
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月10日)
動物絵画の250年
なぜ人は動物の絵画を描き、そして求めるのか。後期展には宮本武蔵《布袋観闘鶏図》も出展中です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月09日)
桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち
棟梁の死、長谷川派の台頭、権力者の交代…生き残りをかけた一門の戦い
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月08日)
マグリット展
一度見たら忘れられない不思議な世界、東京では13年ぶりの大回顧展です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月06日)
ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美
金融と商業が発展し、莫大な富が集中した15世紀のフィレンツェ。財力は芸術家を支援し、ルネサンスを推し進めました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月03日)
単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?
毎日何気なく使う単位。気に留めることもあまりない存在ですが、21_21 DESIGNSIGHTにかかればこんなに楽しくなるのです!
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月02日)
広重と清親 ─ 清親没後100年記念
江戸と明治、風景画の両雄がそろい踏み。前期と後期で全作品が入れ替え、リピーター割引でどうぞ。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月01日)
徳川家康没後400年記念 特別展 大 関ヶ原展
天下分け目の合戦を多彩な資料で振り返る大規模展。歴史好きも、刀剣育成ゲーム好きも。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年04月01日)
大阪万博1970 デザインプロジェクト
会期中の6カ月で6,421万8,770人が来場した国民的祭典は、デザイナーにとっても空前の大舞台でした。

2015年4月は計 24 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社