インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月28日)
錦絵誕生250年記念 線と色の超絶技巧
いつもの浮世絵鑑賞ではあまり意識しない彫師や摺師の凄技に着目。見方を変える事で、新しい楽しみ方もできそうです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月26日)
川崎のぼる ~汗と涙と笑いと~ 展
「巨人の星」「いなかっぺ大将」「てんとう虫の歌」などで知られる川崎のぼるさん。画業を総覧する初の展覧会です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月25日)
藤田美術館の至宝  国宝 曜変天目茶碗と日本の美
藤田傳三郎・平太郎・徳次郎が蒐集した日本屈指の東洋・日本美術コレクションを館外で初めて一堂に公開。曜変天目は宇宙を思わせる輝きです
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2015年08月24日)
画鬼・暁斎 ─ KYOSAI
あらゆるジャンルをこなした暁斎の全容に迫る展覧会は、後期展が開催中。生首を咥えた狼、インパクト強すぎです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月23日)
舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに
最初期の塑像から半身が不自由になった晩年まで約60点の彫刻と、未公開作品を含む多数のドローイングを紹介する企画展
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月21日)
伝説の洋画家たち 二科100年展
時代を先取りした作品を紹介し、今秋の開催で100回の節目を迎える二科展。日本の美術界を牽引してきた歩みを4章で辿ります
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月18日)
交流するやきもの 九谷焼の系譜と展開
明暦元年(1655年)に創始されてから、開窯360年を迎えた九谷焼。古九谷から三代徳田八十吉までの歩みを116点で辿る展覧会です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月17日)
メガ恐竜展2015 ─ 巨大化の謎にせまる ─
恐竜の大きな魅力といえる「巨大さ」にスポットを当て、楽しんでもらう事を全面に立てた企画。ウンチの化石もあります
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月15日)
メカニックデザイナー 大河原邦男展
日本初のメカニックデザイナーの40年余に及ぶ活動の軌跡。「すごい・・・親父が熱中するわけだ。」
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月14日)
ボルドー展 ─ 美と陶酔の都へ ─
ワインと海洋貿易で栄えたボルドーを、先史時代から現代まで約200点の作品・資料でご紹介。ドラクロワの大作は上部が残念です…
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月11日)
スサノヲの到来 ─ いのち、いかり、いのり
地震・雷・嵐など破壊的な荒ぶる神、ヤマタノオロチを退治した英雄、日本初の和歌を詠んだ文化の神…。スサノヲが持つ多様なイメージ
サーバーメンテナンスのお知らせ
(掲載日時:2015年08月10日)
2015年8月12日(水)9:00~18:00、メンテナンスのためインターネットミュージアムのサービスが停止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月08日)
徳川の城 ~天守と御殿~
江戸幕府が権威を示すために築かせたヘッドクオーター、レガシー、シンボル、ホーム…
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月08日)
花ひらく琳派 絵画とやきものでたどる装飾美の系譜
長野・諏訪市のサンリツ服部美術館で、琳派の絵画とやきものの優品を展観。琳派の祖・本阿弥光悦による国宝《白楽茶碗 銘 不二山》も特別出品中です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月07日)
ポケモン研究所~キミにもできる!新たな発見
夏休みにもってこいの科学アトラクション展!大人も子供も一緒に「ポケモンゲットだぜ!!」
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月07日)
ドイツと日本を結ぶもの ─ 日独修好150年の歴史 ─
日本にとってドイツは手本であり、交戦国であり、同盟国でもありました。「過去の問題」への取り組みについての考察も
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月06日)
うらめしや~、冥途のみやげ展
怪談噺が得意だった三遊亭圓朝が蒐集した幽霊画。会場構成も凝ったつくりです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月06日)
第21回 秘蔵の名品アートコレクション展 美の宴
ホテルオークラ東京本館「平安の間」での開催。伝統的な紋様から着想したという名建築を見られるのもあとわずかです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月05日)
ディン・Q・レ展:明日への記憶
世界的に注目を集めるベトナム人アーティストによる大規模展は、表現は柔らかくともかなり強烈。「今度は素晴らしいビーチへどうぞ」
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月04日)
アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋 ─ 日本と韓国の作家たち
現在のアートシーンで精力的に活躍している現代美術家の展覧会。今回は日本から6名と韓国から6名の合計12名が参加しました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2015年08月03日)
パウル・クレー だれにも ないしょ。
記号めいたモチーフを挿入する、作品の上に別の作品を描く、画面を物理的に分割する…。何層にも及ぶ、クレーの深い謎に迫ります

2015年8月は計 21 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社