インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

ミュージアムキャラクターアワード2017、エントリー受付をはじめました
(掲載日時:2017年06月27日)
ミュージアムキャラクターアワード2017
毎年恒例の人気投票企画。今年から、以前参加したキャラの再エントリーも可能になりました。ご参加、お待ちしています!
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月27日)
歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに
油彩にきちんと向き合いながら東洋絵画の伝統表現に挑んだ椿貞雄。劉生の亜流、ではありません
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月26日)
アルチンボルド展
現存する油彩画が少なく、まとまった数の作品を揃える事が難しい作家なので、大々的に紹介されるのはかなり貴重です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月23日)
ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》
「すべては1匹のネズミから始まった」ディズニーファン必見の展覧会はまだまだ開催中ですよ。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月19日)
レオナルド×ミケランジェロ展
年齢こそ23歳も違いますが、互いを強く意識した宿命のライバル。実力が良く現れる素描で比較します
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月16日)
生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展
漆を用いた技術で特許まで取得した異才。志半ばで戦死した、幻の「漆の画家」を大規模に紹介する初の展覧会です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月15日)
国立新美術館10周年 ジャコメッティ展
唯一無二のスタイルで、20世紀を代表する彫刻家とも称されるジャコメッティ。日本では11年ぶりとなる大回顧展です
あべのハルカス美術館「北野恒富展」を、エリアレポーターに取材していただきました
(掲載日時:2017年06月14日)
あべのハルカス美術館「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」
「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、画壇の改革を起こそうと奮闘したのが北野恒富。胤森由梨さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月12日)
発掘された日本列島2017
今回のキモは「発掘された水中遺跡」。まだまだ知られていない水中遺跡も数多くありそうです
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月09日)
日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―
日本をよく知る4人のフランス人が、ユニークな日本の住宅建築を紹介します
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月09日)
技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル  ハイジュエリーと日本の工芸
フランスを代表するハイジュエリーメゾンの展覧会で、日仏両国による「技」が競演します
平塚市美術館「リアル(写実)のゆくえ」を、エリアレポーターに取材していただきました
(掲載日時:2017年06月07日)
平塚市美術館「リアル(写実)のゆくえ」
絵画はいつも目の前にある現実との対決にあったように思えます。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月07日)
クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―
独自の世界観に彩られた幻想的な人形アニメーションで知られる、一卵性双生児の映像作家。アジア初の回顧展です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2017年06月06日)
六本木開館10周年記念展 神の宝の玉手箱
鎌倉時代における手箱の優品として名高い国宝《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》が、約50年ぶりに修理されました
兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」を、エリアレポーターに取材していただきました
(掲載日時:2017年06月05日)
兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」
ボスの世界観は諸外国にも知れ渡るほど人気を博し、多くの画家が真似た作品を作れました。胤森由梨さんのレポートです。

2017年6月は計 15 件のニュース記事があります
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社