インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月31日)
企画展示「日本の中世文書 ― 機能と形と国際比較 ―」
読めないと諦める前に、国立歴史民俗博物館へ。古文書の「かたち」に焦点を当てた、古文書展が開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月31日)
生誕110年 東山魁夷展
5章だけでも間違いなく満足できる展覧会。《濤声》は海の中に引き込まれていくような感覚になります。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月25日)
印刷博物館「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」
スポットライトに浮かび上がる貴重本。さながら闇夜に瞬く星の煌きのような存在感です。新井幸代さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月24日)
ルーベンス展 ─ バロックの誕生
西美の地下3階の展示室は雰囲気が良く、ここに大型の宗教画が来るとバッチリはまりますが、本展がまさにそのパターンです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月24日)
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメールの面白さはその穏やかな光景の裏側に隠された寓意を知ることでもあります。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月23日)
駒井哲郎 ─ 煌めく紙上の宇宙
日本ではメジャーといえなかった銅版画を追及し、国内外で高い評価を受けた駒井哲郎。実は色鮮やかな作品も手掛けています。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月22日)
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
現代美術に大きな影響を与えたマルセル・デュシャンの考える芸術とは何だったのでしょうか。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月18日)
国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展
ロシア国内で最も古い美術館から、「愛」「夢」「希望」の3つのテーマに沿った絵画40点が、東京富士美術館にやってきました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月15日)
開館5周年記念展 美のスターたち
2013年10月に箱根・小涌谷で開館した岡田美術館で、5周年分の美が集結する大展覧会が開催中です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月11日)
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
ルーブルの数々の名品に問いかけながら、平成最後の芸術の秋のひとときを楽しんでみませんか。白川瑞穂さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月10日)
企画展「大♡地図展」
古今東西の地図史料を収蔵する東洋文庫ミュージアム。日本の古地図に焦点を当て、地図の魅力を伝える「大♡地図展」が開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月10日)
マルセル・デュシャンと日本美術
伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えたデュシャン。第2部では日本美術との比較も。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月08日)
フェルメール展
いよいよ「フェルメール・ルーム」へ。正真正銘、右も左もフェルメール。ここは本当に日本でしょうか。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月05日)
特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
「快慶」展、「運慶」展に続き、慶派の名品がずらり。千本釈迦堂・大報恩寺(京都)が誇る鎌倉彫刻の優品です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月05日)
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
近年注目度急上昇のナビ派の代表的な画家であるボナール。芸術の秋に足を運んでみてはいかがでしょうか。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月05日)
京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-
豊臣秀吉による「醍醐の花見」でも知られるこの古刹は、密教の世界観を表す、重厚な密教美術の数々を有しています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月04日)
横山華山
今や知る人ぞ知る絵師。忘れ去られた絵師・華山を紹介する初の回顧展です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月04日)
パナソニック 汐留ミュージアム「ジョルジュ・ルオー展」
敬虔なカトリック教徒だったルオーの作品はキリスト教的なものがほとんどです。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月03日)
1968年 激動の時代の芸術
日本の芸術表現にとっても重要な「1968年」。美共闘、万博と反博、アングラ演劇、サイケデリック、もの派…。
「2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)」を公開しました
(掲載日時:2018年10月03日)
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
来年の予定も、徐々に揃ってきました。この後も随時更新いたします。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年10月01日)
特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」
現存する京都=山城系刀剣の優品がずらりと揃った展覧会が京都国立博物館で開幕。刀剣女子の方々、準備は良いですか?

2018年10月は計 21 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社