インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月29日)
企画展「この二人はあやしい」
芥川龍之介と萩原朔太郎が残したアフォリズム(格言・金言)から、両者の関係をひも解く企画展が開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月28日)
江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀
「文雅」をキーワードに、雅俗が融和した18世紀の江戸絵画を展観します。
「干支コレクション アワード」、投票スタートです
(掲載日時:2018年11月27日)
ミュージアム 干支コレクション アワード
年末の恒例企画、猪が入っている館蔵品が揃いました。お気に入りの一点に投票お願いします。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月26日)
ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代
出展作品の約半数が館蔵品と、国立国際美術館ならではの企画展。1980~89年までを2年ずつに分け、5つのセクションで紹介しています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月26日)
フィリップス・コレクション展
「コレクターによる蒐集活動」がテーマ。ダンカン・フィリップスの熱心な蒐集により、今では米国で最も優れた私立美術館となりました。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月16日)
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
《叫び》はもちろん一生に一度見ておきたい作品ですが、それ以外にも見どころの多い展覧会です。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月16日)
アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代
各地で社会が大きく動いたのがこの時代。直接的な表現は稚拙にも思えますが、逆に強い力も感じられます。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月15日)
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
その場所に、その瞬間建っていること。そんなシンプルな美しさを感じました。新井幸代さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月14日)
カタストロフと美術のちから展
開館15周年の森美術館、社会的な悲劇に対する「美術のちから」を考えます。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月13日)
没後400年 雲谷等顔展
西国の有力大名・毛利輝元に庇護され、画聖・雪舟の後継者とされた実力者。没後400年記念の展覧会が、ゆかりの山口で開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月12日)
民藝 MINGEI -Another Kind of Art展
民藝=古臭い? いやいや、その印象は、21_21 DESIGN SIGHTの展覧会で改めましょう。この民藝、超エモいです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月09日)
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展
何度も入浴を繰り返した妻、浴室で自死した愛人…「水」と「裸婦」の関係は、ボナールにとって特別な意味があります。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月09日)
ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び
「叫び」以外のムンクの作品は、意外と知られていないかもしれません。100%ムンク作品の展覧会です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月08日)
東京都庭園美術館「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し」
異国情緒あふれるアール・デコの世界に浸れる素敵な展示でした。松田佳子さんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月08日)
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
宮廷から認められたほどの教養人であったルーベンスは、豊富な知識をもとに教義を人々に絵画で表現していきました。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月07日)
花魁ファッション
美貌はもちろん、著名人と互角に渡り合える知識を持ち、芸事も超一流。夜の商売でありながら、一般人も憧れました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月06日)
特別企画「斉白石」
中国近代絵画の巨匠として親しまれている斉白石。日中平和友好条約の締結40周年を記念する展覧会が、東京国立博物館開催中です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月06日)
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
完成品としての霧作品を見ていた私に「それだけではないんだよ」と肩を叩かれたようです。カワタユカリさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月05日)
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
江戸から明治の転換によってもたらされた大変革の遺産が、国立科学博物館に大集結。その数はなんと600以上です。コロコロさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月02日)
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
珍しく茶杓に着目した展覧会。茶杓は人と人を繋ぐコミュニケーションツールでもありました。白川瑞穂さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月01日)
特別展「新・桃山の茶陶」
三条通りから、桃山の茶陶がザックザク。この地にやきものを大量に扱う商家があった事が確定的になりました。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年11月01日)
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
国民的画家と謳われた東山魁夷の画業の全貌をたどる大回顧展が開催。2022年まで拝観できない障壁画を間近で見るチャンスです。コロコロさんのレポートです。

2018年11月は計 22 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社