インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月26日)
「タータン 伝統と革新のデザイン」展
タータンって、あのタータン・チェックの事ね? その呼び方が、すでに間違っています。歴史や文化的な背景を振り返ります。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月21日)
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
白で統一され、廃墟の跡のリセットされた世界のように「終わりのむこうへ」を感じさせます。新井幸代さんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月20日)
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」
帝室技芸員たちの名作の数々。彼らの描く日本の自然の美をじっくりと楽しめる展覧会でした。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月20日)
国宝 雪松図と動物アート
今年もこの季節がやってきました。眼福のひとときを満喫させて頂きたいと思います。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月19日)
モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい
現代に通じる「モダン美人」の原点を探る展覧会が、ポーラ美術館で開催中です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月18日)
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
日本女性の美を考える時、国籍や性を超え、多様な美を受け入れられる社会の創生が必要だと感じました。コロコロさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月14日)
ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男
絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、インダストリアル・デザイン、絵本、著述、教育と幅広く活動しました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月13日)
吉村芳生 超絶技巧を超えて
57歳にして一躍注目を集めるようになった現代美術家は、「世界で最もたくさん自画像を描いた画家」です
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月11日)
生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―
房総で生まれ、房総の人に支えられ、房総で亡くなった石井林響。まさに千葉で紹介するに相応しい画家です。西に関雪、東に林響と称されました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月10日)
国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア
イワン・クラムスコイ(1837-1887)の名作《忘れえぬ女(ひと)》など、ロマンティックなロシア美術の世界に魅せられます。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月06日)
明治150年記念 日本を変えた千の技術博
幾多の困難を乗り越えて、世界有数の豊かさを手に入れた日本。その要因のひとつが、科学・技術の進展です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月05日)
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
故郷の山口県を中心に活躍し、2013年に亡くなった吉村芳生。今回の展覧会が中国・四国地方以外では初の個展です。白川瑞穂さんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月04日)
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
見る人が自らその世界に参加せずにはいられない。エッシャーの魅力はそこに尽きるなぁ。tomokoyさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月04日)
扇の国、日本
扇が日本生まれという事は、あまり知られていないかもしれません。誰でも携帯できるサイズで、身近な美術品でもありました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年12月03日)
バッドアート美術館展
真剣に描いたにも関わらず面白く、さらに人を惹きつける力を持っている絵画が110点。確かに酷いです、が…

2018年12月は計 15 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社