インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月29日)
ゴードン・マッタ=クラーク展
日本での知名度は高くありませんが、その活動は没後40年を経た今でも注目を集めています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月28日)
没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより
「これは何の映画?」と首をひねるユニークなデザインも。この春誕生した「6番目の国立美術館」で開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月27日)
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行したアンティーク・レース。その背景には気の遠くなるような熟練した職人たちの技が垣間見えます。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月25日)
発掘された日本列島 2018
今年は旧石器時代から近代までの17遺跡と、7つの装飾古墳。「よろいを着たまま火砕流に斃れた古墳人」はびっくりです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月22日)
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
巨大な空間に広がる、圧倒的な映像美。東京の新名所になる事、間違いなしです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月19日)
泉屋博古館分館「うるしの彩り 漆黒と金銀が織りなす美の世界」
ただただ見事なだけでなく、季節や物語、能の主題など奥深いものでした。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月16日)
ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
ナポレオンのコーナーは見どころ。民衆の支持を集めた英雄は、さまざまな姿で表現されています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月14日)
NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」
肖像写真を残さなかった西郷隆盛。「上野の西郷さん」像をつくる時も、顔の造作には苦労しました。
Webサイトメンテナンスのお知らせ
(掲載日時:2018年06月14日)
インターネットミュージアムは、下記の日程において
Webサイトのメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス中は、PC版、スマホ版とも、
当サイトにあるすべてのサービスをご利用いただくことが出来ません。

ご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

【メンテナンス期間】
2018年6月20日(水) 9時~17時

※サイトメンテナンス時間については前後する場合がございます。ご了承ください。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月14日)
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術」
モデルがこの世を去ったのちも、今ここに残されているというのは不思議な気持ちになります。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月13日)
岡本神草の時代展
強烈な輝きを放つ《口紅》をはじめ現存作をほぼ網羅。甲斐庄楠音などの周辺作家も含め、ようこそデロリ系へ。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月13日)
長谷川利行展 七色の東京
色彩や造形の感覚が抜群、天才的な力量を持った画家だった事だけは確実です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月08日)
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
開館以来の大規模リニューアル。ジョッキー気分を味わえる「なりきりジョッキー」は、大人もぜひ。けっこうリアルです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月05日)
江戸の悪 PARTⅡ
2.5倍のパワーアップ版で、3年ぶりに復活。今回も極悪非道の面々が、太田記念美術館に揃いました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月05日)
渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃
洒脱な花鳥画で知られる省亭が没してから、今年はちょうど100年。世田谷の齋田記念館で後期展が始まりました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2018年06月01日)
千代田区×東京ステーションギャラリー「夢二繚乱」
龍星閣・創業者の澤田伊四郎が収集した1,200点を超える夢二コレクションが、千代田区に寄付されたことを記念する展覧会です。

2018年6月は計 16 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社