インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月31日)
印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション
本国でしか見ることができなかったバレル・コレクションが、奇跡の来日を果たし、日本5都市を巡回。日本で観覧できるチャンスです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月29日)
はじめての古美術鑑賞 ― 絵画のテーマ ―
4回目の「はじめての古美術鑑賞」は、絵画のテーマについて。花の絵も、菊・蓮・梅・蘭が描かれているなら、中国の文人です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月28日)
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン芸術の流れを意識した本展は、他のウィーン関連の展覧会に行く際の予習や復習にもなる貴重なものでした。松田佳子さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月24日)
キスリング展 エコール・ド・パリの夢
日本で12年ぶりの回顧展となる本展では、キスリングの名作が一堂に会します。画業のみならず、キスリングの交友関係もわかります。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月24日)
スペインの現代写実絵画 ― MEAM
写実絵画の殿堂、ホキ美術館が新たなステップへ。今回はじめて、海外美術館のコレクションを紹介する展覧会が開催される事になりました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月23日)
鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」
展覧会が開催されている日本橋界隈は、家康に召し上げられるまでは円覚寺の所領でした。因縁の場所で、数々の寺宝を紹介します。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月20日)
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
作者のミルンと挿絵を描いたシェパードが、どれほど丁寧にその世界を作りあげていったかが伝わってきます。tomokoyさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月17日)
姫路市美「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」
作品と作品、現実と非現実…。境界が薄れ、時空の中を1人彷徨っている、そんな気分です。カワタユカリさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月16日)
information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美
作品を鑑賞するとき「理論的に見ますか?」または「直感的に見ますか?」ということ。美術鑑賞の基本を、展覧会のかたちで紹介する珍しい試みです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月16日)
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
子どもと一緒に、大人も江戸時代の季節の行事を理解するチャンス。お見逃しなく!コロコロさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月14日)
ラファエル前派の軌跡 展
若い彼らを理論的に支えたのが、同時代の批評家ジョン・ラスキン。150年前のメッセージは、今の私たちにも強く響きます。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月13日)
美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―
狩野永徳の代表作など、豪華なラインナップ。全点が全期間出展です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月13日)
縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展
美術館で「スケール」に真っ向から挑む、ちょっと変わった試みです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月10日)
江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~
人々が往来し、さまざまな物資が運ばれたのはもちろんですが、将軍や姫君は行列で権威を誇示し、その模様は庶民も楽しみにしていました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月08日)
ルート・ブリュック 蝶の軌跡
フィンランドでは高い知名度を持ちますが、日本では「知られざる大型作家」。陶と歩んだ50年を振り返ります。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年05月07日)
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
さながら愛知の前衛的な美術に関する100年分の備忘録をパラパラとめくっていく感覚でした。ひろ.すぎやまさんのレポートです。

2019年5月は計 16 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社