インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月31日)
みんなのミュシャ
20世紀初頭、グラフィック・アーティストとして人気を博したミュシャ。繊細で優美な作風は「線の魔術」と呼ばれ、現代のアーティストたちに影響を与え続けています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月30日)
マイセン動物園展
300年以上も西洋磁器のトップブランドとして高い評価を受け続けているマイセン。マイセンの作品の中でも重要なアイテムである「動物」に関連する作品を紹介する展覧会です。
「ミュージアム キャラクター アワード 2019」が始まりました
(掲載日時:2019年07月30日)
ミュージアムキャラクターアワード2019
2010年からの恒例企画、今年でちょうど10回目になりました。45日間の投票で日本一が決まります!!
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月29日)
原三溪の美術 伝説の大コレクション
横浜で生糸貿易や製糸業などで財をなし、近代日本の経済界を牽引した原三溪。旧蔵の大コレクションを集めた展覧会です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月26日)
横浜美術館「生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション」
自身も一堂に観ることがなかった名品。三溪の美術館設立の夢を共に見ているようです。コロコロさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月26日)
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
日本人が大好きな北欧デザインの魅力を、陶芸とマリメッコのテキスタイルの両輪で紹介する展覧会です。白川瑞穂さんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月25日)
三重県立美術館「中谷ミチコ その小さな宇宙に立つ人」
彫刻なのに平面。近寄ってのぞき込むと、見つめ返してくる。不思議なマイナスの立体感を楽しんで。ひろ.すぎやまさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月25日)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
ジャンルを超えた作品たちとレオーニの生涯を、4つのキーワードで紹介する巡回展が、東京に。新井幸代さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月24日)
特別展「三国志」
際立ったキャラ立ちで人気の三国志ですが、真の姿はだいぶ異なります。展覧会は「リアル三国志」が合言葉です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月22日)
加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL
東京と⾹港を拠点に活動する現代美術家、加藤泉(1969-)。⽇本・アジア・欧⽶と、活動の舞台を広げています。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月19日)
マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
革命的なドレス「デルフォス」の生みの親ですが、その活動はファッションデザインのみに非ず。あえて肩書をつけるなら、総合芸術家です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月19日)
特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」
剣術、弓術、打毬、相撲…。江戸時代にも当時の「スポーツ」と呼べるような競技や運動がありました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月18日)
塩田千春展:魂がふるえる
圧巻の空間インスタレーションは必見、過去最大規模の大規模展です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月17日)
メスキータ
エッシャーに大きな影響を与えましたが、その最期は悲劇的でした。日本で初めての回顧展です。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月16日)
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
普段から美術に親しんでいる方はもちろん、美術館に馴染みのない方にもオススメの展示です。 新井幸代さんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月16日)
特別展「恐竜博 2019」
「大きくて愚鈍な爬虫類」というイメージだった恐竜。50年前に命名されたデイノニクスが、その定説を一新させました。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月12日)
「坂口安吾」ができるまで
文壇デビューは「小田原」がきっかけ。小田原文学館で安吾の生涯や業績について紹介する展覧会が開催中です。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月09日)
華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化
その品質はセーヴルやマイセンなど西洋の名窯に比肩し、皇室をはじめ財界人など多くの人に愛されています。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月08日)
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
美術鑑賞が趣味でも「書物」の展覧会は、苦手意識を持たれがち。どこをどう見たらよいのか、ポイントを探ります。コロコロさんのレポートです。
ミュージアムキャラクターアワード、エントリー受付中です
(掲載日時:2019年07月08日)
ミュージアムキャラクターアワード2019
2010年からの恒例企画、今年でちょうど10回目になりました。ただいまエントリーを受付中です
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月08日)
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
少数民族や職人などと、対等な人間同士として向かい合い、本をつくりあげていくプロセスが印象的でした。tomokoyさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月04日)
没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―
没後60年を経て、神話化が進む魯山人。漫画『美味しんぼ』の海原雄山のモデルといえば、イメージしやすいかも知れません。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月03日)
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
私たちが毎日を生きるように、衣服を身につけて生活していた人も存在したことに気づかされます。カワタユカリさんのレポートです。
エリアレポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月03日)
国立西洋美術館「松方コレクション展」
開館60周年を記念し、100年に及ぶコレクションの形成の足跡を追う展覧会が開催されています。コロコロさんのレポートです。
取材レポートを更新しました
(掲載日時:2019年07月01日)
遊びの流儀 遊楽図の系譜
絵の中から声が聞こえてきそうな、楽しい展覧会。その姿を絵画にして室内で楽しむという感性も、とても進歩的だと思います。

2019年7月は計 25 件のニュース記事があります
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社