インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  輝ける金と銀 ― 琳派から加山又造まで ―

輝ける金と銀 ― 琳派から加山又造まで ―

■豊富な技法、効果は多彩
【会期終了】 時代やジャンルを問わず、日本の絵画には金と銀が多用されてきました。薄く延ばして箔に、箔を小さく切って切箔に、細かく砂状にして砂子(すなご)に、粉状にして泥(でい)に…。テクニカルな解説も楽しい、日本美術における金と銀の表現を辿る展覧会です。
高松塚古墳やキトラ古墳で太陽に金箔、月に銀箔が使われているように、日本の絵画で古くから用いられてきた金と銀。中でも明治以降には多彩な技法を駆使した日本画が次々に作られ、飛躍的な発展をみせました。

本展は平安期の料紙装飾や江戸琳派なども紹介しつつ、近代・現代の作品における金と銀の表現を展観する企画展。会場入口の艶やかな一枚は、大正6年に描かれた松岡映丘《春光春衣》(山種美術館)です。平安後期という時代性を意識した華麗な装飾的表現が目をひきます。


松岡映丘《春光春衣》山種美術館

今回の展覧会には、箔装飾技法を研究している東京藝術大学講師の並木秀俊氏が協力。金・銀が使われた作品を展示するだけでなく、その作品でどのような技法が使われているか、サンプルを見せながら解説していきます。

例えば、横山大観による《竹》(山種美術館)は、画面の裏から金箔を貼り付ける「裏箔」を用いた作品。前に置かれたサンプルは、同じ絹本に描かれた竹ですが、裏箔があるものと無いものを並べると、その差は一目瞭然です。

同じく横山大観の《喜撰山》(山種美術館)は、金箋紙(きんせんし:裏に金箔を貼った紙の表面を薄く剥いだもの)に描かれたと想定できる作品。京都の土の赤さを表現するために、大観はこの手法を用いました。サンプルでは厚さが異なる紙を用意。動画では分かりにくいですが、近くで見ると効果の違いが確認できます。


箔や泥の道具や材料も展示 作品は順に横山大観《竹》、横山大観《喜撰山》 いずれも山種美術館

山種美術館の看板的な所蔵作品のひとつが、重要文化財の速水御舟《名樹散椿》。ご覧になった事がある方は、背景の金色が、見事なまでに均一になっている事を覚えているかもしれません。一般的に背景を金色にする時は金箔を用いますが、この作品の金地は「撒きつぶし」。金砂子を何度も撒いては擦りつぶす技法で、金箔よりずっと多くの金が必要なため手間も費用もかかります。

絵画で「撒きつぶし」はあまり用いられませんが、御舟は少年時代に蒔絵の手ほどきを受けた事があるため、蒔絵における同様の手法「沃懸地」(いかけじ)を参考にしたのかもしれません。

ここでもサンプルが紹介されており、順に箔押し、金泥、撒きつぶしによる金地。こちらは動画でも、撒きつぶし独特の均質感が分かると思います。


[重要文化財]速水御舟《名樹散椿》山種美術館

会場には、戦後から現代の日本画も紹介されています。加山又造のように、新しい手法と古典的な主題を融合させた作家がいる一方で、従来とは異なる捉え方で金や銀を用いる作家もいます。

例えば山本丘人の《真昼の火山》(山種美術館)は、銀箔の上に胡粉を塗ったり、金泥で立木を描いたりと、一面に金銀が使われていますが、描かれた山は荒々しい仕上がり。装飾的な効果からは離れ、自然を力強く描く材料として金や銀を用いています。


戦後から現代の日本画 動画の最後が山本丘人《真昼の火山》山種美術館

絵画の表現において、ここまで豊かに金と銀を使うのは日本ならでは。高度な技術と繊細な表現をお楽しみください。

山種美術館は2016年で創立50周年。これを期に、公募形式の美術館賞「Seed 山種美術館 日本画アワード」が新設されると発表がありました。記念すべき第1回は2016年1月3日~2月22日に作品を公募し、2016年5月に開催される「Seed 山種美術館 日本画アワード2016」展で発表・展示。大賞(1名)は副賞200万円、優秀賞(1名)は副賞100万円です。これからの日本画界を牽引する若手アーティストの応募が期待されます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月24日 ]

※10月21日(火)から一部の作品が展示替えされます。

加山又造 美 いのり

加山 又造

二玄社
¥ 3,240

 
会場山種美術館
開催期間2014年9月23日(火・祝)~11月16日(日)
所在地 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.yamatane-museum.jp/
展覧会詳細へ 輝ける金と銀 ― 琳派から加山又造まで ― 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
山口県立美術館「没後400年 雲谷等顔展」
雲谷等顔展
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
太田記念美術館「花魁ファッション」
花魁ファッション
国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」
東山魁夷展
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東京国立博物館「特別企画 斉白石」
斉白石
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
水戸芸術館現代美術ギャラリー「霧の抵抗 中谷芙二子」
[エリアレポート]
霧の抵抗
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
MIHO MUSEUM「百の手すさび 近代の茶筅と数寄者往来」
[エリアレポート]
百の手すさび
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 フェルメール展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展
ムンク展―共鳴する魂の叫び フェルメール展 江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀 国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社