インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後70年 北野恒富展

没後70年 北野恒富展

■「画壇の悪魔派」から、大阪画壇のリーダーへ
【会期終了】 美人画の名手として知られる、東京の鏑木清方、京都の上村松園。では大阪は? 北野恒富(1880-1947)は、関東ではあまり知られていないかもしれませんが、官展や院展で長く活躍し、明治から昭和まで大阪画壇を牽引した第一人者です。没後70年を記念した大回顧展が、千葉市美術館に巡回してきました。
北野恒富は金沢生まれ。師の稲野年恒は月岡芳年の門人なので、芳年の孫弟子という事になります。

画業の初期は新聞小説の挿絵や美人画ポスターなどを手掛けていましたが、明治43年(1910)の文展で初入選。翌年は三等賞となり、日本画家としての地位を固めていきます。

明治末から大正初期は、洋風の写実表現も取り入れ、妖艶で退廃的な作風。「画壇の悪魔派」は京都の画家たちによる命名ですが、特異な画風をうまく表しています。

恒富中期の代表作といえるのが《淀君》。この時期は洋画風の表現から離れ、浮世絵などを積極的に学習しました。大阪城落城寸前の淀君が闇に浮かぶ、恐ろしい傑作です。


第1章「「画壇の悪魔派」と呼ばれて ─ 明治末から大正、写実と妖艶さと ─」、第2章「深化する内面表現 ─ 大正期の実験とこころの模索 ─」

画業を通じて実験的な創作を厭わなかった恒富ですが、大正末期から昭和になると、その傾向は顕著になります。大胆な構図、斬新な配色、さらにモダンな感覚も加わり、多彩な作品を残しています。

中でも目を引くのが、再興第16回院展で好評を得た《戯れ》。緑あふれる画面の左下に、カメラを手に取る日本髪の舞妓。着物の緻密な描写と白い肌が映える、抜群のデザイン感覚です。


第3章「大阪モダニズム「はんなり」への到達 ─ 昭和の画境、清澄にして艶やか ─」

前述したように、もともと小説の挿絵や美人画ポスターは恒富の原点。日本画家として活躍してからは挿絵と離れた時期もありましたが、後に復活。谷崎潤一郎と親しく交わり、挿絵を新聞に連載しています。

当時の最先端メディアといえるのが、広告ポスター。購買意欲を高めるポスターが求められたこの時代、恒富が描いた二重瞼で大きな目の女性像はピッタリとはまり、恒富の知名度は大きく広がりました。


第4章「グラフィックデザイナーとして ─ 一世を風靡した小説挿絵とポスターの世界 ─」

会場後半には素描も。スケッチブックには、完成作の元となった人物像のほか、古美術の学習から風景までさまざまなものが描かれており、画家の実像が透けて見えます。

大阪画壇のリーダー的な存在になった恒富は、画塾「白耀社」を設立。多くの門下生を世に送り出しました。恒富の意思を受け継いだ次代の画家たちによる作品も、それぞれの個性が光ります。


第5章「素描」、第6章「画塾「白耀社」の画家たち ─ 大阪らしさ、恒富の継承者たち ─」

展覧会は、あべのハルカス美術館、島根県立岩見美術館と巡回して、千葉市美術館が最終会場です。11月3日~11月26日の前期と、11月28日~12月17日の後期で多くの作品が展示替えされますので、ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年11月8日 ]

大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館

アーク・コミュニケーションズ (著)

KADOKAWA
¥ 1,296


■北野恒富 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2017年11月3日(金)~2017年12月17日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/1103/1103.html
展覧会詳細へ 没後70年 北野恒富展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
[エリアレポート]
河鍋暁斎
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社