インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画

プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画

■風景画の歩みを展観
【会期終了】 モスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日。風景画というジャンルの成立から、想像による風景画が描かれるまで、フランス近代風景画の歩みを総覧。印象派の誕生前夜、26歳のモネが描いた《草上の昼食》は初来日です。
美しい風景を絵にする。現在ではごく一般的な行為ですが、18世紀の後半までは、そんなことをする画家はいませんでした。

それまでの画家が描いてきたのは、宗教や神話、歴史、王侯貴族の肖像など。主題を引き立てるための背景として描かれていた風景が、17世紀のオランダで「風景画」として独立し、フランスの画家たちにも広がっていきました。

19世紀になって市民階級が伸長してくると、風景画の世界も変化します。都市で暮らす市民にとって、無名の農民が暮らす農村の風景画は憧れの対象。バルビゾン派の画家たちは、分かりやすい題材を、手頃なサイズで描きました。


第1章「近代風景画の源流」、第2章「自然への賛美」

1853年、ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマンがセーヌ県知事に就任。彼が辣腕をふるった「パリ大改造」により、パリは近代都市として生まれ変わりました。

この時期に整備されたパリ環状鉄道(1850~60年代に敷設)、三連のサン=ミシェル橋(1857年建造)など、近代化したパリの風景を多くの画家が描いています。

中産階級が余暇として郊外に出かけるようになると、画家たちも戸外にカンヴァスを持ち出します。このころに開発されたチューブ入り絵具も、画家の活動を後押ししました。

クロード・モネの《草上の昼食》は、パリ郊外のフォンテーヌブローの森で描かれた作品。モネはサロンに送る大作として着手しましたが、結局未完に(その作品はオルセー美術館蔵)。プーシキン版の《草上の昼食》は最終下絵として描かれ、大作が未完に終わった後に、手を加えて完成したもの、と位置づけられています。

オルセー版《草上の昼食》は後年に切断された事もあり、描かれているエリアはプーシキン版の方が広く、細部には謎めいた描写も。レアリスムから印象派へ向かうモネによる、興味深い作品です。


第3章「大都市パリの風景画」、第4章「パリ近郊 ── 身近な自然へのまなざし」

鉄道が発達すると、風景画の世界も拡大します。パリの画家たちはフランス中部から南フランスまで足を伸ばし、高低差がある地形、地中海のまばゆい光などが創作意欲を刺激しました。

南仏プロヴァンスでサント=ヴィクトワール山を描いたセザンヌ。スペインとの国境に近いコリウールには、ドランとマティスが滞在し、この地でフォーヴィスムが誕生しました。

万国博覧会で異国の文化がもたらされると、画家たちの関心は海の向こうまで広がりました。

ゴーガンは熱帯への想いを募らせ、フランスの植民地だったタヒチへ。ルソーは現地にこそ行きませんでしたが、想像を膨らませてジャングルの風景を描いています。


第5章「南へ ── 新たな光と風景」、第6章「海を渡って / 想像の世界」

モネをはじめロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーと、西洋画好きにはたまらない豪華なラインナップです。東京展の後に、大阪に巡回します(国立国際美術館:7/21~10/14)

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年4月13日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

■プーキシン美術館 に関するツイート


 
会場東京都美術館
開催期間2018年4月14日(土)~7月8日(日)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-3823-6921
HP : http://pushkin2018.jp
展覧会詳細へ プーシキン美術館展 ─ 旅するフランス風景画 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社