インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

■100プロジェクトで考察
【会期終了】 「建築界のノーベル賞」と称されるプリツカー賞を受賞した日本人は、これまでで計6人(組)。この数字は米国に次いで2位という事は、あまり知られていないかもしれません。世界で評価される日本の建築について、100のプロジェクトで考察する展覧会が、森美術館で始まりました。
明治維新から今年で150年。近代建築のスタートは欧米より出遅れましたが、現在では世界を舞台に活躍する日本人建築家は珍しくありません。

展覧会では、日本の建築を読み解く特質として、9つのキーワードを定義。日本の建築家たちが意識しなくとも持っている「伝統的建築の遺伝子」を探っていきます。

まず『可能性としての木造』。国土の70%が森林の日本において、木を使う文化は持続可能かつ合理的です。建築にも古くから木が活かされています。

続いて『超越する美学』。繊細さと大胆さをあわせもつ、日本の美意識。その志向は建築にも受け継がれ、高い精神性を感じさせる作品は、世界から注目を集めています。

『安らかなる屋根』では、日本建築の特性である屋根に着目。伝統的な屋根の形状が、近現代の建築家にも様々な影響を与えています。


1.『可能性としての木造』、2.『超越する美学』、3.『安らかなる屋根』

『建築としての工芸』では、部分の集積としての建築について。匠の技や意匠から継承されてきた工芸性は、現在の建築の姿にも現れています。

この先に、日本最古の茶室建築である国宝《待庵》(京都・妙喜庵)が原寸スケールで再現されています。現物は入れませんが、ここでは中に入っての鑑賞も可能。「わび」の思想を空間にした、極めて重要な建物です。

『連なる空間』では、固定化されずに開かれた空間の理想像について。1/3スケールで再現された丹下健三の《自邸》のほか、モダニズムの名作家具に座る事ができるブックラウンジも用意されました。

ライゾマティクス・アーキテクチャーによる映像インスタレーションも、ここで展示。名建築をレーザーファイバーで再現するとともに、映像も用いた体験型の作品です。

『開かれた折衷』は、世界的な視野の中での自国の建築について。明治期に大工棟梁が手掛けた擬洋風建築や、伊東忠太の模型などが並びます。


4.『建築としての工芸』、5.『連なる空間』、6.『開かれた折衷』

日本における公共の姿を示したのが『集まって生きる形』。新しいコミュニティの形成は、現代の建築でも大きな課題といえます。

『発見された日本』は、国外の眼で見た日本の姿について。フランク・ロイド・ライトやアントニン・レーモンドは、大いなる興味を持って日本を見つめました。

最後は『共生する自然』。自然を畏怖し、敬い、信仰してきた日本人。自然観が建築に与えてきた影響について、厳島神社や投入堂、そして現在の作品が展示されています。


7.『集まって生きる形』、8.『発見された日本』、9.『共生する自然』

縄文時代の住居から未来の計画案まで100プロジェクト、展示総数は400点超というボリュームたっぷりの展覧会です。

展示デザインもユニークで、展示室壁面が上部・中部・下部と3つのレイヤーとして構成されていて、下に行くにしたがって詳細情報に。鑑賞者は自分の興味にあわせて見ていく事ができます。茶室《待庵》など5カ所で作品の撮影も可能です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年4月24日 ]

図説 日本建築の歴史図説 日本建築の歴史

玉井哲雄(著)

河出書房新社
¥ 1,944


■建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの に関するツイート


 
会場森美術館
開催期間2018年4月25日(水)~9月17日(月・祝)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/japaninarchitecture/index.html
展覧会詳細へ 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社