インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

■‘透明で繊細’ではない、ガラスの美
【会期終了】 「ガラス工芸」のイメージといえば、透明感や輝きなど、素材の特性を活かした作品。ところが中国・清朝の時代には、全く印象が異なるガラス工芸が数多く生まれました。その独特の美は、あのエミール・ガレをも虜にしたほど。清朝のガラス工芸を広く紹介する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
中国でガラス製造が始まったのは、春秋時代末期から戦国時代(紀元前5~前3世紀)。貴石や玉の代用品として、儀式に関連する道具類などに使われました。

そのレベルが飛躍的に向上したのが、清王朝時代です。清は300年に及ぶ歴史の中で、第4代康熙帝・第5代雍正帝・第6代乾隆帝が最も繁栄した時代ですが(‘康雍乾(こうようけん)盛世’といいます)、ガラス工芸も同様。康熙帝が紫禁城内にガラス工房を開設、雍正帝は工房を移設し窯場を増加しています。

ただ、この時代のガラス器は、余り残っていません。クリズリングというガラスの劣化現象もひとつの原因で、本展でもこの時代の作品はわずかに3点。極めて貴重な作品です。


プロローグ「中国ガラスの始原」、第1章「皇帝のガラスの萌芽 ― 康熙帝・雍正帝の時代(1696-1735)」

第6代が乾隆帝(在位1735~1796)。この時代に、現在に残るガラス工芸の名品が数多くつくられました。

フランス人宣教師の助言もあり、さらに窯を増設。層を重ねる色被せガラス、貴石や大理石を思わせるマーブル・グラス、金の砂を含んだようなアベンチュリン・グラス、エナメル彩色など、多くの技法が採用されました。

清朝のガラスの大きな特徴が、重厚な彫琢(ちょうたく)と、独特の色彩です。中国では伝統的な造形感覚から、玉や水晶、象牙のような素材感を重視。絵柄の掘り抜きにも玉細工の研磨方法を用い、文様は切り立って表現されます。

会場の吹き抜けスペースは、撮影可能エリア。展示されている作品5点は、それぞれ清朝ガラスの特徴が良く現れています。お気に入りを撮影して、#清朝皇帝のガラス で投稿してください。


第2章「清王朝の栄華 ― 乾隆帝(1736-95)の偉業」

清朝のガラス工芸に魅せられたひとりが、エミール・ガレ(1846-1904)。アール・ヌーヴォーを代表するフランスの芸術家です。

ガレはその様式を確立するにあたり、様々な異国の美術を研究。1885年にはベルリンを訪問し、工芸美術館に所蔵されている清朝のガラスを調査しています。1889年のパリ万博で発表した作品については、自ら、玉からの影響について明言しています。

会場では、清朝の作品とガレの作品を比較した展示も。墨玉を模した黒色ガラスや、切り立ったような断面を持つ彫り出しなど、素材や技法は清朝ガラスに学びながら、モチーフは日本風だったりと、ガレならでは構成力が光ります。

会場最後も撮影可能コーナーです。ずらりと並ぶ小さな瓶は、嗅ぎたばこを入れる器「鼻煙壺」(びえんこ)。手のひらに収まるほどのサイズですが、清朝宮廷内のガラス工房では、驚きの細工が施された鼻煙壺が制作されました。無限に広がる宇宙を思わせるディスプレイもお楽しみください。


第3章「エミール・ガレと清朝のガラス」、エピローグ「清朝ガラスの小宇宙(ミクロコスモス)」

ちょっとかわった清朝ガラスの世界。細部を見ると、躍動感あふれる騎馬、遊びに興じる子どもなど、研ぎだされたモチーフもユニークです。じっくりご覧ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年4月25日 ]


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

■ガレも愛した-清朝皇帝のガラス に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2018年4月25日(水)~7月1日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ ガレも愛した-清朝皇帝のガラス 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社