インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館

■東京の新名所、決定です
森ビルとチームラボによるデジタルアートミュージアムがついに完成、6月21日(木)に一般オープンを迎えました。巨大な空間に広がる、圧倒的な映像美。東京の新名所になる事、間違いなしです。
数々のデジタルコンテンツで、いつも私たちを驚かせてくれるチームラボ。以前このコーナーでも、日本科学未来館「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」、新江ノ島水族館「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」(2015年)を、ご紹介いたしました。

このたびオープンした施設の名称は「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」。“Borderless”のコンセプトどおり、展示作品は他の作品との境界がなく、作品と鑑賞者との境界も無し。順路も定まっていないため、鑑賞者は探検するように進む事となります。

館内では「5つの世界」を表現。会場入り口から続く同じフロアは、全て「Borderless World」です。

岩山に滝が降り注ぐ大空間を中心に、花が広がり、カラスが飛び、動物が歩きと、歩を進めるごとに新たな作品が登場。会場は暗く(上映中の映画館ぐらいでしょうか)、作品がとても引き立つため、チームラボの世界にどっぷり浸る事ができます。

このフロアにある作品《Wander through the Crystal World》は、スマホで参加できます。アプリの事前インストールをお忘れなく。


「Borderless World」

上階には子どもが喜びそうなエリアが登場。「チームラボアスレチックス 運動の森」と「学ぶ!未来の遊園地」では、飛んだり跳ねたり、絵をかいたりと、頭と身体を使って楽しめます。

このエリアは、ハイヒールやサンダルなどでの入場は不可。シューズの貸し出しもありますが、数に限りがあるのと、それでなくとも広い会場でかなり歩くので、動きやすい運動靴などでの来場をおすすめします。

「ランプの森」には、マジックミラーで囲われた空間に無数のランプが。人の動きにあわせてランプの光が変わる、インタラクティブな作品です。数分毎の入替制です。

「EN TEA HOUSE」はお茶を飲めるカフェですが、もちろんこれも作品。注がれた茶に花が咲き、茶を飲んで器を戻すと花びらが広がっていきます。


「チームラボアスレチックス 運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN TEA HOUSE」

「これからのアート」を強く意識させるミュージアム。年齢も性別も国籍も超えて、まさにボーダレスに楽しめます。

全部をじっくり見ていくと、90分~120分が目安。写真を見ていただければ分かるように、どこを撮ってもインスタ映えします。おそらく、混雑必須の人気スポットになると思いますが、期待を裏切る事は無いと断言しておきます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年6月8日 ]


 
会場MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
開催期間2018年6月21日(木)オープン
所在地 東京都江東区青海1-3-15 パレットタウン
TEL : 03-6406-3949
HP : http://borderless.teamlab.art/jp
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
山種美術館「【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟」
速水御舟展
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
Bunkamura
バレルcol.
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)「謎の蒔絵師 永田友治」
[エリアレポート]
「永田友治」展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ゴッホ展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― メスキータ展 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 MINIATURE LIFE展 ~ 田中達也 見立ての世界 ~
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社