インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

■世界中で愛される、そばかすだらけの女の子
【会期終了】 赤毛のツインテール、そばかすの顔、そして長い靴下を穿いている9歳の女の子“ピッピ”。アストリッド・リンドグレーンが70年以上前に書いた物語は、世界中で読み継がれてきました。「長くつ下のピッピ」を中心に、リンドグレーンの世界を紹介する展覧会が、東京富士美術館で開催中です。
日本でも書跡のほか、NHKで放映されたテレビドラマ、劇場版映画などで知られる「長くつ下のピッピ」。世界一の力持ちのピッピが、友だちのトミーとアニカと一緒に冒険を繰り広げるストーリーです。

作者はスウェーデンの児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン(1907-2002)。1941年、リンドグレーンは風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせるために、天衣無法な女の子の物語を即興で語った事が、物語誕生のきっかけになりました。リンドグレーンの著書は、全世界100カ国語以上で翻訳され、出版部数は総計1億6000万部以上発行されるなど、世界中で楽しまれています。

展覧会は、ピッピをはじめ多くの子ども向け作品を生み出し、「子どもの本の女王」とまで称されるリンドグレーンの世界を、幅広く紹介する企画。出展された原画やオリジナル原稿、愛用品など約200点は、その多くが日本初公開となります。

会場冒頭には、リンドグレーンがタイプして娘の誕生日に贈った、オリジナルのピッピ原稿が。イラストもリンドグレーンが描いたもので、スウェーデン国外初出展という貴重な作品です。

大きなスペースで紹介されている「長くつ下のピッピ」の中で、見どころのひとつが絵本の世界を再現した「ごたごた荘」の大型模型。馬とオナガザルと一緒にピッピが住む大きな家が「ごたごた荘」。トミーとアニカも遊びに来ています。



会場中盤では、リンドグレーン自身についての紹介も。リンドグレーンはスウェーデンの20クローナ紙幣の肖像になっている、国民的な作家です。

子ども対する優しい眼差しを持ち、社会に対しても積極的に発言したリンドグレーン。1978年にはドイツ書店協会平和賞の授賞式で、暴力に反対するスピーチを行っています。その翌年、スウェーデンでは世界に先がけて、子どもへの体罰が法的に禁止されました。

後半ではピッピ以外の作品も。「やかまし村の子どもたち」「ちいさいロッタちゃん」など、魅力的な作品が並びます。

日本を訪れた事はありませんが、自宅には能面が飾られるなど日本に思いを寄せていたリンドグレーン。ピッピの挿絵を描いたイングリッド・ヴァン・ニイマンも日本を愛し、北斎などの浮世絵を模写しています。

ようやく実現した、日本での「長くつ下のピッピ展」。東京展の後には宮崎、京都、名古屋、福岡、愛媛と全国を巡回します。会場と会期はこちらでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月27日 ]

長くつ下のピッピ長くつ下のピッピ

アストリッド・リンドグレーン(著),桜井 誠(イラスト),大塚 勇三(翻訳)

岩波書店;新版
¥ 734

 
会場東京富士美術館
開催期間2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.pippi-ten.com
展覧会詳細へ 長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~ 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社