インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  明治150年記念 真明解・明治美術

明治150年記念 真明解・明治美術

■「美術」と「美術らしきもの」
【会期終了】 ちょうど150年前の明治維新。政治システムはもちろん、市民の生活や文化まで大きく変化しました。それまでの日本に存在しなかった「美術」という概念が生まれたのもこの時期。多彩な展示品で「明治美術」を幅広く紹介する展覧会が、神奈川県立歴史博物館で開催中です。
1967年に開館した神奈川県立歴史博物館(当時は神奈川県立博物館)。改修工事による休館中に、開館50周年を迎えました。

館では以前から、幕末明治の横浜を中心に、西洋の美術に影響を受けた作品を収集してきました。本展はその成果を紹介する企画です。

展覧会は「序」と「結」の間に「写真と写実 ─ 二次元の挑戦 ─」「見世物から工芸へ ─ 三次元の挑戦 ─」「版と刷 ─ 印刷革命の鼓動 ─」の3章。絵画・立体・印刷という展開ですが、章ごとではなく、会場全体で明治という時代を感じさせる狙いです。

最初の展示室は、展覧会を象徴する作品からスタート。幕末明治最大の版元、大倉孫兵衞が自ら選んだ錦絵画帖は、本展初公開。明治浮世絵の重要資料です。

大きな展示室に進むと、展示ケースには膨大な作品が。「より多くの作品や資料を並べることで、多くのモノが響き合い、共鳴し合い、皆さまに明治という時代の力強さが伝わると信じている」(会場の説明パネルから)とあるように、出展総数は210件(前後期通じて)です。



五姓田派は、幕末から明治初期に活躍した絵師集団。「没後100年 五姓田義松 ─ 最後の天才 ─」展(2015年)でも注目を集めました。伝統技法と西洋絵画がミックスした、独特の作風です。

いわゆる「美術」の範疇に入らない作品が多数展示されているのも本展の特徴です。

パノラマ館は、日清・日露戦争期に流行した娯楽施設。人形と大壁画を配した仮設小屋で、周囲を見渡して楽しむ趣向。VRのリアル版、といえるでしょうか。

土産物としての知名度が高い鎌倉彫も、ルーツを辿れば鎌倉仏師。廃仏毀釈により仕事が減少した仏師により広まりました。

版画の章には地図も。内務省地理局の地図制作に関わった岩橋教章は、元は狩野派の絵師。それを踏まえて見ると、表現としての地図の美しさにも目が留まります。

展覧会の最後は、明治天皇の肖像がずらり。内田九一による公式の肖像写真を元に、明治天皇を頂点にした近代日本のイメージ発信には、多くの美術家が関わっています。

美術館ではない神奈川県立歴史博物館だからこそ開催できる、ユニークな展覧会です。美術とともに、幅広い「美術らしきもの」をお楽しみください。

なお本展は、無料のスマホアプリ「ポケット学芸員」での解説もあります。ナレーションは神奈川県内の高校の放送部員が担当、なかなか聞きやすいガイドでした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年8月3日 ]

※会期中に展示替えがあります(前期:8/4~9/2 後期:9/4~9/30)


 
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2018年8月4日(土)~9月30日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/
展覧会詳細へ 明治150年記念 真明解・明治美術 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆 フェルメール展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ クマのプーさん展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社