インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」

■刀剣女子の方々、準備は良いですか?
【会期終了】 長きにわたり、日本の中心だった京都。この地には多くの刀工が工房を構え、数々の名刀が生まれました。現存する京都=山城系刀剣の優品がずらりと揃った展覧会が京都国立博物館で開幕。‘とうらぶ’とも大々的にコラボしています。
展覧会のテーマが「刀剣」。少し前までは、どちらかといえばマニアックな部類だったはずですが、刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(以下、刀剣乱舞)の登場で状況は一変。刀を見るために女子が殺到するさまは、さまざまなメディアで話題になりました。

実は、本展が企画されたのは、刀剣ブームよりも前の事。地道な研究成果を披露する、という位置づけでしたが、空前の追い風も受けて、刀剣乱舞との大々的にコラボが決定。ゲームに登場する刀剣男士のモチーフとなった刀剣が、23振りも展示される事となりました(会期中通して)。

展覧会は時代ごとの8章構成。平安時代から現代までの山城鍛冶を総括し、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼすべてが出陳されています。



技術の広まりとともに、日本各地でつくられた刀剣。京都=山城系の刀剣は、生産量こそ備前に及びませんが、格式はダントツ。武家・公家を問わず、あらゆる場面で重用されました。すなわち、この展覧会こそ、日本刀剣の頂点そのものといっても過言ではありません。

会場では照明も入念に計算されており、刀身に刃紋が浮かび上がるさまは、ゾクっと来るような美しさ。ひと振りずつの違いを、ゆっくりお楽しみいただければと思います。

もちろん、刀剣乱舞以外にも見どころが。特筆すべきは、初公開の作品が多い事。祇園祭・長刀鉾町所蔵の長刀が初公開されるほか、日本では古代で一度絶滅した鑓が中世に再登場した際の「日本最古の鑓」も初公開となります。

展覧会が開かれるのは平成知新館ですが、隣の明治古都館では「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ刀剣男士の等身大パネルと、開催を記念した描き下ろしイラスト展示も。グッズが多数用意されているオフィシャルショップもお忘れなく。

120年の歴史を持つ京都国立博物館ですが、大規模な刀剣の展覧会は今回が初めて。大きくは9月29日(土)~10月28日(日)と10月30日(火)~11月25日(日)の前後期ですが、髭切は10月16日(火)~10月28日(日)の展示と、例外もあります。

「京のかたな」ですから、もちろん京都での開催のみです。首都圏方面から遠征の方は、JR東海の「そうだ 京都、行こう。」×「京のかたな」がおススメ。往復新幹線・観覧券・刀剣解説本のセットや、500名限定の貸切プランなども用意しています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月28日 ]


料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場京都国立博物館
開催期間2018年9月29日(土)~11月25日(日)
所在地 京都府京都市東山区茶屋町527
TEL : 075-525-2473(テレホンサービス)
HP : http://www.kyohaku.go.jp/
展覧会詳細へ 特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社