インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「新・桃山の茶陶」

特別展「新・桃山の茶陶」

■発掘された“瀬戸物商店街”
【会期終了】 茶陶の歴史において、ひときわ輝いている桃山時代。信楽・備前・伊賀・志野・織部・唐津と、各地で独創的なやきものが多数生まれました。約30年前の展覧会を踏まえて「生産」と「流通」から桃山の茶陶を振り返る展覧会が、根津美術館で開催中です。
「新・桃山の茶陶」と銘打った本展。前回の「桃山の茶陶」展は、平成元年(1989)に開催されました。ネットメディアでは古参を自負するIMも、残念ながら前回展は取材していません。

昭和62(1987)年から翌年にかけ、京都・三条弁慶石町で信楽・備前・志野などの大量の茶陶を発見。通常の町屋敷からの出土品と比べて異常に多く、しかも使われた痕跡が無い事から、きわめて特殊な事例として注目されました。前回の展覧会は、速報的にその成果を紹介したものです。

展覧会を機に三条通の遺跡が注目されるようになると、僅か200メートルにも満たない範囲の中之町や下白山町からも、大量の桃山茶陶が出土。さらに調査を進めると、当時の地図や日記で中之町が「せと物や町」「瀬戸物町」と記されていた事も分かり、この地にやきものを大量に扱う商家があった事が確定的になりました。

今回の展覧会では、約30年の間に進んだ研究の成果が紹介されています。会場には弁慶石町をはじめ、中之町、下白山町、福長町、油屋町、四坊堀川町から出土した茶陶が露出展示で紹介されており、いつもの根津美術館とは少し雰囲気が違います。



展覧会は4章構成ですが、第3章「桃山の茶陶と京都三条瀬戸物屋町」がメインです。桃山の茶陶は慶長年間(1596~1615)の後半頃から器種・生産量とも爆発的に増加。客の要望に応えるかたちで発達したのが、三条瀬戸物屋町の商人たちと考えられています。

見つかった茶陶は、流通段階での選別や、在庫が一括処分されたものと考えられます。ユニークなのが、焼成時に割れた不良品も見つかっている事。わざわざ窯元から運んできた理由は、不良品も売り物にしたから。「洛中洛外図屏風」(福岡市博物館蔵:屏風は未出展ですが、会場で拡大図が示されています)に、瀬戸物屋の店先に割れた徳利が描かれています。さしずめ「ジャンク品」といったところでしょうか。

出土品の中には、現在まで伝わるやきものと、ほぼ同じものもあります。縞やV字の模様がある《織部筒向付》(根津美術館蔵)は中之町の出土品に、三角錐形の《三角耳付花入》(MOA美術館蔵)は、下白山町の出土品に同形のやきものが。詳しく見ていくと、他にもたくさんあるそうです。

展覧会を機に調査や研究が進む事はしばしばありますが、ここまで著しい成果に結び付くのは珍しい事例です。三条瀬戸物屋町から出土していない桃山の茶陶もあるそうで、今後の研究も期待されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月19日 ]

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー リチャード (著), 山本 やよい (翻訳)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場根津美術館
開催期間2018年10月20日(土)~12月16日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展「新・桃山の茶陶」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社