インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び

ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び

■「叫び」以外も注目です
【会期終了】 美術に詳しくない方にも知名度抜群のムンク「叫び」。ただ、「叫び」以外のムンクの作品は、意外と知られていないかもしれません。オスロ市立ムンク美術館が所蔵する、世界最大のムンク・コレクションを中心に、100%ムンクの作品で構成された展覧会が、東京都美術館で開催中です。
1944年に死去したムンク。遺言により、残っていた作品はすべてオスロ市に遺贈され、オスロ市立ムンク美術館が1963年に開館しました。同館は、新館建設のプロジェクトが進んでいます(2020年夏に開館予定)。

展覧会は同美術館の所蔵作を中心に、初期から晩年まで幅広い作品を紹介。60年に及ぶ長い画業をたどります。

ムンクは1863年生まれ。5歳で母を、14歳で姉を失うなど(ともに結核)、“死”を身近に感じる境遇で育ちました。「病める子」は、姉を題材にした作品で、他の作品同様、同じテーマで複数の作品が制作されています。

26歳の時、オスロ・フィヨルドを臨む漁村、オースゴールストランへ。北欧の短い夏の白夜は、ムンクにとって格好の画題になりました。月と、海に反射して柱のように長く伸びる月光は、ムンクの作品に繰り返し現れるモチーフです。

1889年からは文学的な散文を書き始め、自然主義からの脱却を宣言。内面に目を向け、象徴主義的な、よく知られるムンクのスタイルに向かっていきます。

1892年は、ムンクにとって大きな転換期となりました。ベルリンで個展を開催するも、印象派すら広まっていなかったこの地でムンクの作品は刺激が強すぎ、わずか1週間で閉幕に。画家にとっては不幸な出来事でしたが、ムンクの存在は注目を集める事となります。

展覧会目玉の《叫び》は、《接吻》《吸血鬼》《マドンナ》などとともに、愛、死、不安を主題とする連作〈生命のフリーズ〉に含まれる作品。「叫び」は版画をのぞいて4点現存し、今回展示されているテンペラ・油彩画の《叫び》(1910年?)は、初来日です。



画家としての地位を固める一方で、酒に溺れ、私生活は荒れていったムンク。1902年には結婚を迫る恋人との諍いで銃が暴発、左手中指の一部を失っています。男女を主題にした作品も数多く制作。悲劇的ながらも官能性に満ちた《すすり泣く裸婦》は、特に印象に残ります。

晩年は祖国からも勲章を受け、国立美術館で主要作品が購入されるなど評価は確実なものとなりましたが、最晩年に訪れた悲劇がナチスの台頭。1937年にはドイツ国内にあったムンク作品82点が「頽廃芸術」として押収されてしまいました。

80歳の誕生日直後に、付近の港でのナチスによる爆撃で家の窓ガラスが吹き飛び、寒さから気管支炎に。1カ月後、自宅で独りで亡くなりました。

極めて知名度が高い画家にもかかわらず、日本におけるムンクの大規模展は11年ぶり。巡回はなく、東京都美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月26日 ]

※作品はすべてオスロ市立ムンク美術館所蔵。All Photographs ©Munchmuseet


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京都美術館
開催期間2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://munch2018.jp
展覧会詳細へ ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社