インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展

縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展

■美術の「スケール」を考えてみよう
【会期終了】 科学の発達によって、肉眼では認識できなかった物質も容易に見られるようになった現代。一方で、メディアで伝えられる事象を、実際の大きさとして体感する事も難しくなりつつあります。「スケール」をテーマにしたユニークな展覧会が、横須賀美術館で開催中です。
「スケールの大きな話だ」や、「スケールの小さい人だ」など、「スケール」という言葉は、日常生活でもよく耳にします。

スケールはラテン語でScalaに由来し、もとは階段や梯子という意味でした。日本では、規模や度合いのほか、地図の縮尺、測量道具、基準など、いくつかの意味で使われます。

スケールをテーマにした本展は、歴史的な作品・資料を通じて物の大きさと見え方を考察するとともに、写真家やミニチュア作家など8組の現代アーティストの作品も紹介。美術館で「スケール」に真っ向から挑む、ちょっと変わった試みです。

国友一貫斎は、江戸時代の鉄砲鍛冶師です。戦国時代から続く国友鉄砲鍛冶の家に生まれ、その技術を利用して《反射望遠鏡 銘一貫斎眠龍能当(花押)》を作り、日本で初めて天体観測を行いました。

一貫斎の望遠鏡は、最初は舶来品の模倣でしたが、最終的にはオランダ製の2倍の倍率を持つまでに。太陽や月の観測も行っています。



8組のアーティストは、特に気になった作家を中心にご紹介します。

地元・横須賀の作家、平町公さんの《京浜工業地帯の掟磯子・横須賀隆起図》は、416×3086cmと、会場の壁を覆う巨大な作品。本展に向けて作製された新作です。まるで空から旅をしているような臨場感を味わうことができます。

ミニチュア用の人形と、事務用品や食品サンプルなどを組み合わせて、見立ての世界を作り出す、ミニチュア写真家の田中達也さん。女性用の髪留めや櫛などを恐竜に見立てた《カミドメドンの発掘現場》など、ユニークな作品が紹介されています。

田中さんは、作品においてスケールは注意深く利用され、基準となる人形の大きさを使い分けられています。各作品、人形の大きさにも注目してみてください。

高田安規子さん・政子さんは、「ガリヴァー旅行記」にちなんだ展示構成。作品をよく見ると、弓矢は爪楊枝、バケツは指ぬきなど。「ガリヴァー旅行記」の小人たちにとっては、爪楊枝などは武器だったかもと、物の見え方を再考するきっかけを紹介します。

ちなみに「ガリヴァー旅行記」で、唯一実在する国として描かれている日本の「ザモスキ(Xamoschi)」という地名は、横須賀美術館の所在地・観音崎では? という説もあります。

スケールについて、改めて考えさせられる本展。美術館の出入り口から、横須賀の広い海が見えます。取材後に大きな海を身ながら、人間って小さいな、と思いながら館を後にしました。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月18日 ]

ことりっぷ 横須賀 三浦半島ことりっぷ 横須賀 三浦半島

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 844

 
会場横須賀美術館
開催期間2019年4月13日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
TEL : 046-845-1211
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/
展覧会詳細へ 縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社