インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか

企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか

■ユカギルマンモス、来たる!
現在のゾウに似た体形ですが、耳は小さく、大きな牙を持つマンモス。3万年前には、シベリアを始め世界各地に生息していましたが、多くの大型哺乳類と共に絶滅してしまいました。世界初公開を含む貴重な資料が揃った史上最大規模のマンモス展が、日本科学未来館で始まりました。
会場構成は【過去】【現在】【未来】の3ゾーン。日本科学未来館での展覧会という事もあり、生命科学の未来も視野に入れた構成です。

【過去】は「マンモス、太古の記憶」。冒頭の《仔ケナガマンモス「ディーマ」》は、1977年に永久凍土から発掘されました。

マンモスは、現在のゾウと同じ長鼻類ゾウ科の動物。ゾウの直接の祖先ではありませんが、おなじ祖先を持つ親戚になります。耳が大きくないのは、寒さに耐えるためとされています。

自然界最強の動物であるマンモスにとって、初めて現れた敵が人間です。近年は武器が刺さったマンモスの骨も見つかっています。



【現在】のゾーンは「永久凍土で待つもの」。皮肉にも、近年の気候変動の影響で、永久凍土から状態が良いマンモスが次々に見つかっています。

しばしば勘違いされますが、永久凍土は「氷」ではなく「土」。0度以下の状態が2年以上続いている土や地盤を示します。

永久凍土は、いわば強力な冷凍保存庫。腐敗の原因になる湿気が凍り付くため、皮膚などの体組織が何万年も残るのです。

世界初公開となる《ケナガマンモスの鼻》は、3万2700年前のもの。ゾウと同様にマンモスの鼻にも骨が無いため、これほどしっかりした鼻が見つかる事はめったにありません。

2018年に見つかった《仔ウマ「フジ」》は、4万2000年前ながら外部損傷が無く、世界唯一の「完全な太古の仔ウマの遺骸」。解剖調査で「液体の血と尿」の採取にも成功、古生物学史上初の快挙となりました。

【未来】のゾーンは「その「生命」は蘇るのか」。生命科学技術の発展は、驚くべき成果を上げつつあります。

近畿大学では1996年から「マンモス復活プロジェクト」を実施。状態が良いマンモスが発見された事で研究は加速し、卵子の中でマンモスの細胞核が動き出す段階まで到達しています。

展覧会最大の目玉である《「ユカギルマンモス」》は、会場の一番最後に登場します。

2002年に見つかったマンモスで、頭部の骨のほぼ全てに加え、毛を含む軟体部が残っているという超貴重な資料。2005年の愛・地球博で展示された際には、なんと700万人が見ました。

学術面は第一線の研究者が支えていますが、いとうせいこうさんが展示構成を監修している事もあり、とても分かりやすい展覧会です。オフィシャルプログラムも、ほぼB4ぐらいのマンモスサイズです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年6月6日 ]

るるぶ にっぽんの博物館るるぶ にっぽんの博物館

ジェイティビィパブリッシング(編)

ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,000

料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場日本科学未来館
開催期間2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-3570-9151
HP : https://www.mammothten.jp/
展覧会詳細へ 企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか 詳細情報
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
DIC川村記念美術館「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」
[エリアレポート]
ジョゼフ・コーネル
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー メスキータ展
東美濃の縄文土器 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 日本画「青・蒼・碧」展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社