インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐

企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐

■ユカギルマンモス、来たる!
現在のゾウに似た体形ですが、耳は小さく、大きな牙を持つマンモス。3万年前には、シベリアを始め世界各地に生息していましたが、多くの大型哺乳類と共に絶滅してしまいました。世界初公開を含む貴重な資料が揃った史上最大規模のマンモス展が、日本科学未来館で始まりました。
会場構成は【過去】【現在】【未来】の3ゾーン。日本科学未来館での展覧会という事もあり、生命科学の未来も視野に入れた構成です。

【過去】は「マンモス、太古の記憶」。冒頭の《仔ケナガマンモス「ディーマ」》は、1977年に永久凍土から発掘されました。

マンモスは、現在のゾウと同じ長鼻類ゾウ科の動物。ゾウの直接の祖先ではありませんが、おなじ祖先を持つ親戚になります。耳が大きくないのは、寒さに耐えるためとされています。

自然界最強の動物であるマンモスにとって、初めて現れた敵が人間です。近年は武器が刺さったマンモスの骨も見つかっています。



【現在】のゾーンは「永久凍土で待つもの」。皮肉にも、近年の気候変動の影響で、永久凍土から状態が良いマンモスが次々に見つかっています。

しばしば勘違いされますが、永久凍土は「氷」ではなく「土」。0度以下の状態が2年以上続いている土や地盤を示します。

永久凍土は、いわば強力な冷凍保存庫。腐敗の原因になる湿気が凍り付くため、皮膚などの体組織が何万年も残るのです。

世界初公開となる《ケナガマンモスの鼻》は、3万2700年前のもの。ゾウと同様にマンモスの鼻にも骨が無いため、これほどしっかりした鼻が見つかる事はめったにありません。

2018年に見つかった《仔ウマ「フジ」》は、4万2000年前ながら外部損傷が無く、世界唯一の「完全な太古の仔ウマの遺骸」。解剖調査で「液体の血と尿」の採取にも成功、古生物学史上初の快挙となりました。

【未来】のゾーンは「その「生命」は蘇るのか」。生命科学技術の発展は、驚くべき成果を上げつつあります。

近畿大学では1996年から「マンモス復活プロジェクト」を実施。状態が良いマンモスが発見された事で研究は加速し、卵子の中でマンモスの細胞核が動き出す段階まで到達しています。

展覧会最大の目玉である《「ユカギルマンモス」》は、会場の一番最後に登場します。

2002年に見つかったマンモスで、頭部の骨のほぼ全てに加え、毛を含む軟体部が残っているという超貴重な資料。2005年の愛・地球博で展示された際には、なんと700万人が見ました。

学術面は第一線の研究者が支えていますが、いとうせいこうさんが展示構成を監修している事もあり、とても分かりやすい展覧会です。オフィシャルプログラムも、ほぼB4ぐらいのマンモスサイズです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年6月6日 ]

るるぶ にっぽんの博物館るるぶ にっぽんの博物館

ジェイティビィパブリッシング(編)

ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,000

料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場日本科学未来館
開催期間2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.mammothten.jp/
展覧会詳細へ 企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐ 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
江戸東京博物館「士
士 サムライ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社