インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  大英自然史博物館展

大英自然史博物館展

■史上最悪の捏造事件も
【会期終了】 ロンドン・サウスケンジントンにある大英自然史博物館。1881年に開館し、世界で最も優れた博物学標本を有している博物館のひとつです。膨大なコレクションから歴史的・文化的に貴重な至宝が一挙に来日。ほとんどが日本初公開です。
大英博物館の分館として設立された大英自然史博物館。大英博物館自然史部門の責任者で、解剖学者のリチャード・オーウェンが、現在のロマネスク調の建物で開館しました。

展覧会では大英自然史博物館の歩みを俯瞰。膨大なコレクションを寄贈したハンス・スローン、前述のリチャード・オーウェン、植物学者のカール・リンネ、そして進化論のチャールズ・ダーウィンら、コレクションに関連する人々にもスポットを当てながら、多彩な資料や標本を紹介していきます。


会場

貴重な展示品ばかりですが、ここでは少しだけご紹介します。

巨大な鳥の骨格標本は、ニュージーランドの絶滅鳥、モア。発見された一つの骨を、他の生物の骨と比較して「巨大で飛べない鳥」と結論付けたのも、前述したリチャード・オーウェンです。

「恐竜」の名付け親としても知られ、科学の歴史にその名を残すオーウェン。ただ、ダーウィンの進化論を声高に批判したのもオーウェンでした。


モア

本展最大の目玉が、始祖鳥の化石。恐竜と鳥類が進化的につながっている事を示す、重要な証拠です。

約1億4700万年前に生息していた始祖鳥は、恐竜のような歯やカギヅメを持つ一方で、翼と羽毛は現在の鳥類のよう。現生種と祖先の間に存在した中間的な生物の発見は始祖鳥が初めてで、ダーウィンの進化論を強力に後押しする事になります。

学術的に報告された始祖鳥は、これまでにわずか12点。このロンドン標本からは脳と三半規管が高精度で復元されており、始祖鳥が飛行に必要な視力や平衡感覚を持っていたことが分かりました。


始祖鳥

長い歴史を有する大英自然史博物館には、暗黒史ともいえるエピソードがあります。科学史上最も悪名高い捏造事件「ピルトダウン人の発見」です。

1912年に発見された化石人骨。類人猿と現代人をつなぐ大発見と思われましたが、実はオランウータンと人の骨を着色・加工したものでした。発見を後押ししたのも、1953年に不正を暴いたのも、大英自然史博物館です。

学術的には意味が無くなったピルトダウン人ですが、博物館は標本を100年以上保存し、最近もDNA鑑定を含めた新たな分析が行われました。標本に対する博物館の姿勢を象徴するエピソードです。


ピルトダウン人

ここでは紹介しませんでしたが、会場には日本に関連する資料も。日本に落下した隕石や、「昭和天皇が培養した粘菌」など、かなりレアな資料も里帰りしています。ごゆっくりお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年3月17日 ]

大英自然史博物館の《至宝》250大英自然史博物館の《至宝》250

国立科学博物館 (監修), 大英自然史博物館 (編集), 武井 摩利 (翻訳)

創元社
¥ 3,888


■大英自然史博物館展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2017年3月18日(土)~6月11日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://treasures2017.jp/
展覧会詳細へ 大英自然史博物館展 詳細情報
取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
そりとむくり
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社