インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アルチンボルド展

アルチンボルド展

■知が生んだ寓意
【会期終了】 動植物や道具を組み合わせた肖像画で知られる、ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593)。「だまし絵」として紹介される事が多いですが、本来は教養人に向けての知的な寓意画。「ユニークな寄せ絵」いう単純な括りでは収まりません。『四季』『四代元素』をはじめ貴重な作品が多数来日、日本初の本格的なアルチンボルド展です。
ミラノで生まれたアルチンボルド。宮廷画家になったのは36歳からで、その後25年に渡りフェルディナント1世、マクシミリアン2世、ルドルフ2世という3人の皇帝に仕えました。

当時はレオナルド・ダ・ヴィンチの影響が残っていた時代。レオナルドによる精密な自然の描写、そして人相への関心は、アルチンボルドにも影響を与えました。

自然科学に関心が高く、ウイーン周辺に動物園や植物園を設立するほどだったマクシミリアン2世。アルチンボルドは君主に対する新年の贈り物として、ふたつの連作を捧げました。


会場前半

そのふたつが『四季』と『四大元素』。連作は相互に関係しており、例えば《夏》は暑くて乾燥している《火》。同様に《春》と《大気》、《秋》と《大地》、《冬》と《水》がペアで、会場ではペア同士が隣り合わせで展示されています。

《春》は草や花、《大地》は動物など、それぞれに相応しいモチーフを組み合わせて横顔として表現。元になったモチーフの描写は博物学的な知識に基づいています。

また《冬》のマントに皇帝の頭文字である「M」があしらわれているなど、各所にハプスブルク家とその君主を示すモチーフが埋め込まれている事も特徴的。綿密な計画に則って描かれた作品なのです。

なお、連作はともに大きな評判を呼んだため、別ヴァージョンがいくつか制作されています。今回展示されているものも、複数のヴァージョンから集められたものです。


ふたつの連作、『四季』と『四大元素』

日本なら歌川国芳らも描いた「寄せ絵」(ただしアルチンボルドより300年も後です)。本展でも、男根を組み合わせた横顔や、版画での作例、そしてアルチンボルドの追随者による「寄せ絵」も展示されています。

会場後半にもアルチンボルドの作品が紹介されています。職業絵として、酒樽などからなる《ソムリエ(ウェイター)》、本を組み合わせた《司書》。そして上下を逆にして見る事ができる《庭師/野菜》《コック/肉》などを展示。驚くべき創造力は、シュルレアリストをはじめ後年の画家にも大きな影響を与えています。


会場後半

作品の印象のわりには、名前が知られているとは言い難いアルチンボルド。現存する油彩画が少なく、まとまった数の作品を揃える事が難しい作家なので、これだけの規模で大々的に紹介されるのはかなり貴重な機会といえます。

会期は長めですが、後半は混雑必至です。お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月19日 ]

奇想の宮廷画家 アルチンボルドの世界奇想の宮廷画家 アルチンボルドの世界

大友 義博 (監修)

宝島社
¥ 1,620

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■アルチンボルド展 に関するツイート


 
会場国立西洋美術館
開催期間2017年6月20日(火)~9月24日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://arcimboldo2017.jp/
展覧会詳細へ アルチンボルド展 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社