インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

■奇想の流れ、500年
【会期終了】 ヨーロッパ中ほどに位置するベルギー。陸海ともに交通の要衝で、たびたび大国の戦乱に巻き込まれたこの地には、幻想的な世界を表現する流れが脈々と受け継がれています。「奇想」をテーマに、約500年のベルギー美術を俯瞰する展覧会が、Bunkamura ザ・ミュージアムに巡回してきました。
展覧会は15世紀から。奇想のルーツとして紹介されているヒエロニムス・ボスは地獄のイメージを鮮烈に描いていますが、この地がしばしば戦地になった事が影響していると思われます。

展覧会メインビジュアルの《トゥヌグダルスの幻視》は、ボス工房の作品。罪と罰の精緻な表現ですが、どことなくユーモラスにも感じられます。

この流れで「第二のボス」と言われたピーテル・ブリューゲル(父)が紹介されているのは納得ですが、やや意外に思えるのがバロックの巨匠ルーベンス。ただ、ルーベンスの作品は幻想的ではないものの、生々しく描かれた魔物の肉体は、確かに「奇想」です。


第1章「15-17世紀のフランドル美術」

続いて19世紀末から20世紀初頭。ベルギーは1830年に独立、工業化と都市化が進む中で、科学に背を向けて目に見えないものを追及する芸術家たちは「象徴主義」に流れていきます。

ここで注目はフェリシアン・ロップス。背徳のイメージと強烈なエロティシズムで、独自の世界を描き出しました。

さらに、ベルギー象徴主義を代表するフェルナン・クノップフ、仮面のモチーフで知られるジェームズ・アンソールと、内面を表現する作品が並びます。


第2章「19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義」

展覧会はこの後、3章「20世紀のシュルレアリスムから現代まで」と進み、ポール・デルヴォーやルネ・マグリットなどシュルレアリスムの巨匠から、現在活躍中の美術家までを紹介。奇想の系譜が受け継がれている事を示していますが、残念ながらこのコーナーは撮影不可。会場でお楽しみください。

メインビジュアルからボスやブリューゲルがクローズアップされがちですが、むしろ見どころはそれ以降。シビアな表現の作品が印象に残りました。展覧会は宇都宮美術館、兵庫県立美術館と回り、Bunkamura ザ・ミュージアムが最終会場です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月18日 ]

図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家

岡部 紘三 (著)

河出書房新社
¥ 1,944

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ベルギー奇想の系譜 に関するツイート


 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2017年7月15日(土)~9月24日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_belgium/
展覧会詳細へ ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
「須田悦弘」展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 縄文―1万年の美の鼓動 琉球 美の宝庫 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~ 新版画展 美しき日本の風景 生誕110年 東山魁夷展 水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社