インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

尾形光琳の燕子花図

■大発見の再会も

【会期終了】 根津美術館が誇る、国宝《燕子花図屏風》。春の陽気とともに、年に一度のお披露目シーズンがやってきました。今回は、王朝文化・草花図・名所という三つの切り口でご紹介。別の屏風で、大発見もありました。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2019年4月13日(土)~5月12日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 尾形光琳の燕子花図 詳細情報

Meet the Collection ―アートと人と、美術館

■平成の時代とともに

【会期終了】 1989年に開館した横浜美術館。丹下健三による重厚感ある建物と、1万2千点を超える質の高いコレクションは、美術ファンにはすっかりお馴染みになりました。30周年のメモリアル年度のスタートは、全館を利用したコレクション展。4人のゲスト・アーティストも参加しています。
取材レポートを見る
会場横浜美術館
開催期間2019年4月13日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2019/MeetTheCollection/
展覧会詳細へ Meet the Collection ―アートと人と、美術館 詳細情報

ムーミン展

■六本木にムーミンがやってきました

【会期終了】 可愛らしい姿と、ユーモアあふれる物語が特徴的な「ムーミン」シリーズ。作者はフィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)です。トーベが生み出したムーミンの魅力を、約500点の作品で紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2019年4月9日(火)~6月16日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://moomin-art.jp/
展覧会詳細へ ムーミン展 詳細情報

女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし

■性も生活の一部です

【会期終了】 グラビアアイドルが、一般的な日本人女性とは異なるように、江戸時代の浮世絵美人画も、ある意味で特殊な例。実際には多様な階層の女性が、それぞれのくらしを営んでいました。浮世絵や資料から、江戸時代の女性像に迫る展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年4月6日(土)~5月26日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし 詳細情報

ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ―

■ファム・ファタルの原点は

【会期終了】 フランスを代表する象徴主義の画家、ギュスターヴ・モロー(1826-1898)。その画業において、繰り返し描かれたファム・ファタル(宿命の女)に焦点を当てた展覧会が、パナソニック汐留美術館(旧・パナソニック 汐留ミュージアム)で開催中です。
取材レポートを見る
会場パナソニック汐留美術館
開催期間2019年4月6日(土)~6月23日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/ls/museum/
展覧会詳細へ ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ― 詳細情報

歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン

■細部までこだわって、大規模リニューアル

日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する、国立歴史民俗博物館(歴博)。6つの総合展示室の中で、最も古い時代を扱う総合展示第1展示室「先史・古代」が、1983年の開館以来はじめて大きく見直され、3月19日にリニューアルオープンをしました。
取材レポートを見る
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年3月19日リニューアルオープン
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp

information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美

■ドーパミンが全開になるかもしれません

【会期終了】 美術館で作品を鑑賞するとき、人には2種類の感動の仕方があると言われています。作品がつくられた背景などを知ることで生まれる「左脳的感動」と、理由もなく心が揺り動かされる「右脳的感動」です。美術鑑賞を右脳と左脳の違いでとらえた展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場サントリー美術館
開催期間2019年4月27日(土)~6月2日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美 詳細情報

国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅

■圧巻の立体曼荼羅

【会期終了】 新幹線から見える京都のシンボル・五重塔を有する東寺(とうじ)。弘法大師・空海が真言密教の根本道場として整え、今日までその姿を伝えます。守り伝えられてきた密教美術の数々を紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館
開催期間2019年3月26日(火)~6月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://toji2019.jp
展覧会詳細へ 国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅 詳細情報

特別展 大哺乳類展2 ― みんなの生き残り作戦

■陸海の哺乳類、約200種が「大行進」

【会期終了】 2010年に開催された「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」が、パワーアップして、国立科学博物館に帰ってきました。今回は500点以上の剥製や骨格標本と最新の解析映像で、哺乳類の「生き残り作戦」を紹介していきます。
取材レポートを見る
会場国立科学博物館
開催期間2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mammal-2.jp
展覧会詳細へ 特別展 大哺乳類展2 ― みんなの生き残り作戦 詳細情報

大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい)

■400年の寺宝が一堂に

【会期終了】 今年は国宝《曜変天目茶碗》が、同時期に3碗とも公開される奇跡の年。中でも、なかなかお目にかかれない龍光院蔵の曜変天目が、2カ月も出品されるという大注目の展覧会が、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)で開催中です。
取材レポートを見る
会場MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)
開催期間2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp
展覧会詳細へ 大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい) 詳細情報

福岡市美術館がリニューアル

■自慢のコレクションを、開かれた美術館で

【会期終了】 2016年秋から閉館していた福岡市美術館が、いよいよリニューアル・オープン。より開かれた美術館を目指して、エントランスをはじめさまざまな改修が行われました。記念の展覧会は、全館を使ったコレクション展に加え、世界を舞台に活躍する現代美術家の大規模展です。
取材レポートを見る
会場福岡市美術館
開催期間2019年3月21日(木・祝)リニューアルオープン
所在地 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL : 092-714-6051
HP : https://www.fukuoka-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 福岡市美術館がリニューアル 詳細情報

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美

■オスマン帝国を象徴する「ラーレ」

【会期終了】 トプカプ宮殿博物館(トルコ・イスタンブル)が所蔵する宝飾品、美術工芸品などの作品約170点が、国立新美術館へやってきました。トルコ国民が愛する花・チューリップに焦点を当て、東西の文化を受容・融合してきたオスマン帝国の美意識や文化を紹介していきます。
取材レポートを見る
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2019年3月20日(水)~5月20日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://turkey2019.exhn.jp/
展覧会詳細へ トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 詳細情報

市民からのおくりもの2018

■2年分の「おくりもの」から、厳選公開

【会期終了】 ミュージアムの核ともいえる、コレクション。華やかな企画展が「顔」なら、コレクションは「身体」といえます。近年、収蔵されたコレクションを紹介する、江戸東京博物館では恒例の展覧会が開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年3月19日(火)~5月6日(月・休)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 市民からのおくりもの2018 詳細情報

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

■上様、いくらなんでもこの絵では…

【会期終了】 「美しい術」と書いて「美術」。基本的に美術は美しいものであるはずですが、日本の美術には、昔から「そうでもないもの」もあり、なぜかそれらに魅了される事も珍しくありません。「へそまがり」な感性を楽しむ展覧会が、府中市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場府中市美術館
開催期間2019年3月16日(土)~5月12日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://fam-exhibition.com/hesoten/
展覧会詳細へ へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで 詳細情報

Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展

■現在進行形の伝説

【会期終了】 1962年に結成された、The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)。「サティスファクション」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」など、数々のヒット曲を持つ、ロックの代名詞といえる存在です。ストーンズ自身のプロデュースによる世界巡回展が、東京・五反田で開催中です。
取材レポートを見る
会場TOC五反田メッセ
開催期間2019年3月15日(金)~6月5日(水)
所在地 東京都品川区西五反田6-6-19
TEL : 0570-063-050
HP : https://stonesexhibitionism.jp/
展覧会詳細へ Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 詳細情報

ラファエル前派の軌跡 展

■今も響く、ラスキンのメッセージ

【会期終了】 美術学校の同級生だったロセッティ、ミレイ、ハントが中心になり、1948年に結成されたラファエル前派同盟。若い彼らを理論的に支えたのが、同時代の批評家ジョン・ラスキンでした。ラファエル前派を中心に、ヴィクトリア朝の英国美術を俯瞰する展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年3月14日(木)~6月9日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/ppr
展覧会詳細へ ラファエル前派の軌跡 展 詳細情報

福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ

■「福笑い」に、気が付きました?

【会期終了】 日本にシュルレアリスムを紹介し、前衛美術運動のリーダーとして活躍した福沢一郎(1898-1992)。戦前・戦中・戦後と時代が大きく変わる中、常に社会に目を向けて、エスプリの効いた表現を発信し続けました。活動の軌跡を振り返る大規模展が東京国立近代美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立近代美術館
開催期間2019年3月12日(火)~5月26日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ 詳細情報

特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―

■皇室が守り伝えてきた「日本の美」

【会期終了】 文化庁、宮内庁、読売新聞社が協力し、皇室が守り伝えてきた「日本の美」を紹介する『紡ぐプロジェクト』。第一弾の特別展は、天皇皇后両陛下が担ってきた文化交流について紹介していく展覧会です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館 本館特別4・5室
開催期間2019年3月5日(火)~4月29日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://tsumugu-exhibition2019.jp/
展覧会詳細へ 特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ― 詳細情報

高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く

■奉納前に、展覧会でお披露目

【会期終了】 1995年のヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人として初めて名誉賞を受賞して以来、国内外で活躍を続けている画家・千住博(1958-)さん。世界遺産・高野山金剛峯寺に奉納される作品などを紹介する巡回展が、そごう美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場そごう美術館
開催期間2019年3月2日(土)~4月14日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
TEL : 045-465-5515
HP : https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/19/senju_hiroshi/
展覧会詳細へ 高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く 詳細情報

屏風をひらけば

■「木賊図屏風」覚えておいてください

【会期終了】 風を屏(ふせ)ぐ、という言葉に由来する屛風。風よけの道具から、調度品としての要素が強まると、さまざまな絵が描かれるようになりました。神奈川県立歴史博物館が所蔵する屏風を紹介する展覧会が、同館で開催中です。
取材レポートを見る
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2019年3月2日(土)~3月31日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/3692
展覧会詳細へ 屏風をひらけば 詳細情報

ほとけをめぐる花の美術

■花はもちろん、猫にも注目

【会期終了】 無憂樹(むゆうじゅ)の花の元で生まれ、菩提樹の木陰で悟りを開き、沙羅の木の下で入滅した釈迦。三大聖樹をはじめ、仏教にはさまざまな花や緑が登場します。仏画や工芸品に表現された花にテーマを当てた展覧会が、根津美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2019年2月28日(木)~3月31日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ ほとけをめぐる花の美術 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社