インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展

■100年前の「総合芸術家」

【会期終了】 上質な絹地に細かなプリーツを付け、筒状に縫製した「デルフォス」。女性の自然な曲線を美しく魅せる画期的なドレスは、20世紀初頭のファッション業界を席捲しました。デルフォス生みの親、マリアノ・フォルチュニ(1871-1949)にスポットを当てた大回顧展が、三菱一号館美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年7月6日(土)~10月6日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/fortuny/
展覧会詳細へ マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展 詳細情報

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―

■海原雄山のモデルはこの人です

【会期終了】 書、篆刻、絵画、陶芸、料理と、多彩な分野で活躍した北大路魯山人(1883-1959)。周囲との摩擦を恐れず、真っ向から主張するその人となりは、生前から好き嫌いが分かれる人物でもありました。魯山人の作品120点を中心に、昭和陶芸の広がりを紹介する展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場千葉市美術館
開催期間2019年7月2日(火)~8月25日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ― 詳細情報

高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの

■アニメーション表現の限りない追及

【会期終了】 1960年代から半世紀にわたり、日本のアニメーションを牽引したアニメーション映画監督・高畑勲(1935-2018)。アニメーションの可能性を追及し続け、他の制作者にも大きな影響を与えました。逝去から1年、その世界を振り返る展覧会が東京国立近代美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立近代美術館
開催期間2019年7月2日(火)~10月6日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://takahata-ten.jp
展覧会詳細へ 高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの 詳細情報

「坂口安吾」ができるまで

■文壇デビューは「小田原」がきっかけです

【会期終了】 昭和の戦前・戦後にかけて活躍した日本の近代文学を代表する作家の一人、坂口安吾(1906-1955)。小田原出身の作家、牧野信一に小説「風博士」が激賞され、文壇デビューを果たしました。安吾の生涯や業績について紹介する展覧会が、小田原文学館で開催中です。
取材レポートを見る
会場小田原文学館
開催期間2019年6月29日(土)~8月18日(日)
所在地 神奈川県小田原市南町2-3-4
TEL : 0465-22-9881
HP : http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/2019sakagutiango.html
展覧会詳細へ 「坂口安吾」ができるまで 詳細情報

メスキータ

■エッシャーの師、日本初の大回顧展

【会期終了】 19世紀から20世紀にかけて活躍したオランダのアーティスト、サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)。エッシャーに大きな影響を与えましたが、その最期は悲劇的でした。日本で初めての回顧展が東京ステーションギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年6月29日(土)~8月18日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ メスキータ 詳細情報

遊びの流儀 遊楽図の系譜

■昔も今も、遊びは大事です。

【会期終了】 どんなに真面目な人でも、仕事や勉強ばかりでは息がつまります。適度な遊びで心身をリフレッシュするのは、現代人だけでなく、時代を超えた普遍的な欲求といえるでしょう。「遊び」をテーマに日本美術を紹介する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場サントリー美術館
開催期間2019年6月26日(水)~8月18日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 遊びの流儀 遊楽図の系譜 詳細情報

塩田千春展:魂がふるえる

■圧巻の空間インスタレーション

【会期終了】 ベルリンを拠点に、世界各国で積極的に活動している塩田千春(1972-)。近年は空間に糸を張り巡らせたダイナミックなインスタレーションで注目を集めています。初期作品から最新作まで、その活動を網羅的に紹介する過去最大規模の個展が、森美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場森美術館
開催期間2019年6月20日(木)~10月27日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.mori.art.museum/
展覧会詳細へ 塩田千春展:魂がふるえる 詳細情報

特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」

■古刹から名品仏像

【会期終了】 飛鳥時代には政治の中心地だった、奈良県の北東部。同所にある岡寺(おかでら)・室生寺(むろうじ)・長谷寺(はせでら)・安倍文殊院(あべもんじゅいん)には、魅力的な仏像が今日まで伝わります。国宝4件、重要文化財9件を含む名品を紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館 本館11室
開催期間2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.tnm.jp/
展覧会詳細へ 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 詳細情報

クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime

■逃れようがない、日常的な「死」

【会期終了】 ポートレート、電球、衣類…。モチーフを組み合わせて、集団や個人の記憶、そして宗教や死にまつわる作品を発表してきたクリスチャン・ボルタンスキー(1944-)。独特の世界は高く評価され、現代のアートシーンを代表する美術家のひとりです。日本では過去最大規模の展覧会が、国立新美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2019年6月12日(水)~9月2日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://boltanski2019.exhibit.jp
展覧会詳細へ クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime 詳細情報

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

■日本の芸術家に本物の絵を

【会期終了】 川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)の初代社長などを務めた実業家、松方幸次郎(1866-1950)。数々の美術品を蒐集し、本格的な西洋美術館の創設を目指しましたが、そのコレクションは流転の歴史を辿る事となります。国内外に散逸した名品を一堂に集めた展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立西洋美術館
開催期間2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/matsukata2019/
展覧会詳細へ 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 詳細情報

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟

■御舟の作品、全点展示は10年ぶりです

【会期終了】 近代日本画のコレクションで知られる山種美術館。創立者・山﨑種二(1893-1983)が愛した画家、速水御舟(1894-1935)の収蔵作品は120点に及びます。「御舟美術館」としても親しまれている同館で、御舟生誕125年を記念する展覧会が開催中です。
取材レポートを見る
会場山種美術館
開催期間2019年6月8日(土)~8月4日(日)
所在地 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.yamatane-museum.jp/
展覧会詳細へ 【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕125年記念 速水御舟 詳細情報

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

■「良きが上にも良きものを」

【会期終了】 大正8(1919)年創立の洋食器メーカー、大倉陶園。その品質はセーヴルやマイセンなど西洋の名窯に比肩し、皇室をはじめ財界人など多くの人に愛されています。今年でちょうど100周年、その歩みを振り返る展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年6月8日(土)~7月28日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://www.shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化 詳細情報

企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐

■ユカギルマンモス、来たる!

【会期終了】 現在のゾウに似た体形ですが、耳は小さく、大きな牙を持つマンモス。3万年前には、シベリアを始め世界各地に生息していましたが、多くの大型哺乳類と共に絶滅してしまいました。世界初公開を含む貴重な資料が揃った史上最大規模のマンモス展が、日本科学未来館で始まりました。
取材レポートを見る
会場日本科学未来館
開催期間2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.mammothten.jp/
展覧会詳細へ 企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐ 詳細情報

発掘された日本列島2019

■今年は「記念物」の特集も

【会期終了】 近年発掘されて特に注目された出土品を中心に紹介する、恒例の展覧会。今回でちょうど25回目になりました。今年は旧石器時代から近代まで30遺跡、約570点を紹介。「記念物」100年の歩みも特集されています。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年6月1日(土)~7月21日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 発掘された日本列島2019 詳細情報

江戸の凸凹 ― 高低差を歩く

■江戸時代、銀座は半島でした

【会期終了】 アイドルユニットの名前になるほど、坂が多い東京。いくつもの河川が通る事から東京には谷が多く、高低差がある地形は、東京の特徴のひとつともいえます。江戸を描いた浮世絵から、凸凹に着目した展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間2019年6月1日(土)~6月26日(水)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く 詳細情報

はじめての古美術鑑賞 ― 絵画のテーマ ―

■4種の花は、中国の文人

【会期終了】 4回目となった根津美術館の「はじめての古美術鑑賞」。敷居の高いように感じてしまう日本の古美術を、親しみやすく解説してくれる展覧会として、好評を博しています。今回は「絵画のテーマ」について。水墨画を中心に、館蔵品からさまざまな作例をご紹介します。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2019年5月25日(土)~7月7日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ はじめての古美術鑑賞 ― 絵画のテーマ ― 詳細情報

スペインの現代写実絵画 ― MEAM

■写実の母国から、59点が来日

【会期終了】 写実絵画の殿堂、ホキ美術館が新たなステップへ。2010年の開館以来、所蔵作品を中心とした展覧会を開催してきましたが、今回はじめて、海外美術館のコレクションを紹介する展覧会が開催される事になりました。写実の分野では日本と双璧といえるスペインから、59作品が来日しています。
取材レポートを見る
会場ホキ美術館
開催期間2019年5月17日(金)~9月1日(日)
所在地 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
TEL : 043-205-1500
HP : http://www.hoki-museum.jp/
展覧会詳細へ スペインの現代写実絵画 ― MEAM 詳細情報

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ

■ショーン・タン、日本初の大規模個展です

【会期終了】 絵本作家・いわさきちひろ(1918-1974)の居住跡地に建つ、ちひろ美術館・東京は、世界で初めての絵本美術館です。「アライバル」で知られるオーストラリアの作家、ショーン・タン(1974-)の、日本初の大規模個展が開催中です。
取材レポートを見る
会場ちひろ美術館・東京
開催期間2019年5月11日(土)~7月28日(日)
所在地 東京都練馬区下石神井4-7-2
TEL : 03-3995-0612
HP : http://www.artkarte.art/shauntan/
展覧会詳細へ ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ 詳細情報

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」

■全点が全期間出展です

【会期終了】 2019年5月1日、約200年ぶりとなる退位も滞りなく終わり、令和の時代が始まりました。「両陛下と文化交流」展に続いて『紡ぐプロジェクト』の一環として開催される本展。狩野永徳の代表作など、豪華なラインナップです。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館 本館特別5・4・2・1室
開催期間2019年5月3日(金・祝)~6月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://tsumugu-exhibition2019.jp/
展覧会詳細へ 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 詳細情報

「横手市増田まんが美術館」がリニューアル

■マンガ原画数、世界一

世界中から熱い視線が注がれている、日本のマンガ文化。マンガ原画にも注目が集まる中、作家数179人・マンガ原画22万枚という、とてつもないコレクションを持つミュージアムが、秋田県横手市にある事をご存じでしょうか。開館24年で大幅にリニューアル、5月に再オープンします。
取材レポートを見る
会場横手市増田まんが美術館
開催期間2019年5月1日(水)リニューアルオープン
所在地 秋田県横手市増田町増田字新町285
TEL : 0182-45-5569
HP : http://manga-museum.com/
展覧会詳細へ 「横手市増田まんが美術館」がリニューアル 詳細情報

横浜開港160年 横浜浮世絵

■荒唐無稽も魅力です

【会期終了】 「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず」。ペリー艦隊の要請に応じるかたちで、1859年に開港した横浜。半農半漁の村だった横浜は、国際都市へと大きな変貌を遂げました。今年は開港からちょうど160年、横浜浮世絵をテーマにした展覧会が、神奈川県立歴史博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2019年4月27日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/3754
展覧会詳細へ 横浜開港160年 横浜浮世絵 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社