インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

■英国海運王・バレルのコレクション、奇跡の来日

【会期終了】 産業革命期に、英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861-1958)。本国でしか見ることができなかったバレル・コレクションが、奇跡の来日を果たし、日本5都市を巡回しています。3会場目は、東京・渋谷区のBunkamura ザ・ミュージアムです。
取材レポートを見る
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2019年4月27日(土)~6月30日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_burrell/
展覧会詳細へ 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 詳細情報

江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~

■朱傘が目印です

【会期終了】 江戸時代、日本橋を起点に整備された五街道。人々が往来し、さまざまな物資が運ばれたのはもちろんですが、将軍や姫君は行列で権威を誇示し、その模様は庶民も楽しみにしていました。「江戸の街道」をテーマにした特別展が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会詳細へ 江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~ 詳細情報

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

■陶と歩んだ50年

【会期終了】 フィンランドの名窯アラビアで、半世紀に渡って活躍した女性アーティスト、ルート・ブリュック(1916−1999)。愛らしい陶板から大型のインスタレーションまで手掛け、独自の創作は多くの人々を魅了してきました。日本初の大規模な回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : https://rutbryk.jp/
展覧会詳細へ ルート・ブリュック 蝶の軌跡 詳細情報

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

■絵画、建築、デザイン…華麗なウィーン芸術の数々

【会期終了】 グスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、オットー・ヴァーグナー…。1900年前後のウィーンには名だたる芸術家が登場し、煌びやかな独特の文化が栄えました。ウィーン世紀末をモダニズムへの過程として捉え直す展覧会が、国立新美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立新美術館 企画展示室 1E
開催期間2019年4月24日(水)~8月5日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/wienmodern2019/
展覧会詳細へ ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 詳細情報

クリムト展 ウィーンと日本 1900

■初期から晩年まで、クリムトのすべて

【会期終了】 装飾的な作品で、国内外で高い人気を誇るグスタフ・クリムト(1862-1918)。昨年、没後100年を迎えた事を記念し、日本では過去最多となる25点以上のクリムトの油彩画が揃いました。ウィーン世紀末の精華を堪能できる展覧会が、東京都美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都美術館 企画展示室
開催期間2019年4月23日(火)~7月10日(水)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-3823-6921
HP : https://klimt2019.jp/
展覧会詳細へ クリムト展 ウィーンと日本 1900 詳細情報

三島由紀夫「豊饒の海」のススメ

■「豊饒の海」を、読んでみませんか

【会期終了】 戦後の日本文学界を代表する作家、三島由紀夫(本名:平岡公威 1925-1970)。代表作「豊饒の海」シリーズの第1巻「春の雪」が刊行されてから、今年で50年を迎えます。「豊饒の海」全4巻を紹介する展覧会が、鎌倉文学館で開催中です。
取材レポートを見る
会場鎌倉文学館
開催期間2019年4月20日(土)~7月7日(日)
所在地 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
TEL : 0467-23-3911
HP : http://www.kamakurabungaku.com/
展覧会詳細へ 三島由紀夫「豊饒の海」のススメ 詳細情報

鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」

■家康に取られた因縁の地で、寺宝を大公開

【会期終了】 神奈川県鎌倉市の古刹、円覚寺(えんがくじ)。弘安5年(1282)、北条時宗により中国から招聘した無学祖元(むがくそげん)を開山として創建され、鎌倉に「禅」の興隆基盤を築きました。円覚寺とその一門寺院に伝わる至宝110点を紹介する展覧会が、三井記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三井記念美術館
開催期間2019年4月20日(土)~6月23日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 詳細情報

キスリング展 エコール・ド・パリの夢

■日本では12年ぶりの回顧展です

【会期終了】 エコール・ド・パリを代表する画家、キスリング(1891-1953)。肖像画や静物画など、西洋絵画の伝統的なジャンルに新しい息吹を与え、20世紀の絵画史で異彩を放つ存在です。キスリングの画業を約70点の作品で振り返る展覧会が、東京都庭園美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都庭園美術館
開催期間2019年4月20日(土)~7月7日(日)
所在地 東京都港区白金台5-21-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.teien-art-museum.ne.jp/
展覧会詳細へ キスリング展 エコール・ド・パリの夢 詳細情報

縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展

■美術の「スケール」を考えてみよう

【会期終了】 科学の発達によって、肉眼では認識できなかった物質も容易に見られるようになった現代。一方で、メディアで伝えられる事象を、実際の大きさとして体感する事も難しくなりつつあります。「スケール」をテーマにしたユニークな展覧会が、横須賀美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場横須賀美術館
開催期間2019年4月13日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
TEL : 046-845-1211
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/
展覧会詳細へ 縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展 詳細情報

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

■個人コレクションなのに、浮世絵史を網羅

【会期終了】 ボストン美術館、V&A博物館など、優れた浮世絵コレクションを持つ美術館はいくつもありますが、米国オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館はあまり知られていないかもしれません。ひとりの米国人女性が集めた貴重なコレクション、初の里帰り展が千葉市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場千葉市美術館
開催期間2019年4月13日(土)~5月26日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ メアリー・エインズワース浮世絵コレクション 詳細情報

尾形光琳の燕子花図

■大発見の再会も

【会期終了】 根津美術館が誇る、国宝《燕子花図屏風》。春の陽気とともに、年に一度のお披露目シーズンがやってきました。今回は、王朝文化・草花図・名所という三つの切り口でご紹介。別の屏風で、大発見もありました。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2019年4月13日(土)~5月12日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 尾形光琳の燕子花図 詳細情報

Meet the Collection ―アートと人と、美術館

■平成の時代とともに

【会期終了】 1989年に開館した横浜美術館。丹下健三による重厚感ある建物と、1万2千点を超える質の高いコレクションは、美術ファンにはすっかりお馴染みになりました。30周年のメモリアル年度のスタートは、全館を利用したコレクション展。4人のゲスト・アーティストも参加しています。
取材レポートを見る
会場横浜美術館
開催期間2019年4月13日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2019/MeetTheCollection/
展覧会詳細へ Meet the Collection ―アートと人と、美術館 詳細情報

ムーミン展

■六本木にムーミンがやってきました

【会期終了】 可愛らしい姿と、ユーモアあふれる物語が特徴的な「ムーミン」シリーズ。作者はフィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)です。トーベが生み出したムーミンの魅力を、約500点の作品で紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2019年4月9日(火)~6月16日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://moomin-art.jp/
展覧会詳細へ ムーミン展 詳細情報

女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし

■性も生活の一部です

【会期終了】 グラビアアイドルが、一般的な日本人女性とは異なるように、江戸時代の浮世絵美人画も、ある意味で特殊な例。実際には多様な階層の女性が、それぞれのくらしを営んでいました。浮世絵や資料から、江戸時代の女性像に迫る展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年4月6日(土)~5月26日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし 詳細情報

ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ―

■ファム・ファタルの原点は

【会期終了】 フランスを代表する象徴主義の画家、ギュスターヴ・モロー(1826-1898)。その画業において、繰り返し描かれたファム・ファタル(宿命の女)に焦点を当てた展覧会が、パナソニック汐留美術館(旧・パナソニック 汐留ミュージアム)で開催中です。
取材レポートを見る
会場パナソニック汐留美術館
開催期間2019年4月6日(土)~6月23日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/ls/museum/
展覧会詳細へ ギュスターヴ・モロー 展 ― サロメと宿命の女たち ― 詳細情報

歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン

■細部までこだわって、大規模リニューアル

日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する、国立歴史民俗博物館(歴博)。6つの総合展示室の中で、最も古い時代を扱う総合展示第1展示室「先史・古代」が、1983年の開館以来はじめて大きく見直され、3月19日にリニューアルオープンをしました。
取材レポートを見る
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年3月19日リニューアルオープン
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp

information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美

■ドーパミンが全開になるかもしれません

【会期終了】 美術館で作品を鑑賞するとき、人には2種類の感動の仕方があると言われています。作品がつくられた背景などを知ることで生まれる「左脳的感動」と、理由もなく心が揺り動かされる「右脳的感動」です。美術鑑賞を右脳と左脳の違いでとらえた展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場サントリー美術館
開催期間2019年4月27日(土)~6月2日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美 詳細情報

国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅

■圧巻の立体曼荼羅

【会期終了】 新幹線から見える京都のシンボル・五重塔を有する東寺(とうじ)。弘法大師・空海が真言密教の根本道場として整え、今日までその姿を伝えます。守り伝えられてきた密教美術の数々を紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館
開催期間2019年3月26日(火)~6月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://toji2019.jp
展覧会詳細へ 国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅 詳細情報

特別展 大哺乳類展2 ― みんなの生き残り作戦

■陸海の哺乳類、約200種が「大行進」

【会期終了】 2010年に開催された「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」が、パワーアップして、国立科学博物館に帰ってきました。今回は500点以上の剥製や骨格標本と最新の解析映像で、哺乳類の「生き残り作戦」を紹介していきます。
取材レポートを見る
会場国立科学博物館
開催期間2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mammal-2.jp
展覧会詳細へ 特別展 大哺乳類展2 ― みんなの生き残り作戦 詳細情報

大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい)

■400年の寺宝が一堂に

【会期終了】 今年は国宝《曜変天目茶碗》が、同時期に3碗とも公開される奇跡の年。中でも、なかなかお目にかかれない龍光院蔵の曜変天目が、2カ月も出品されるという大注目の展覧会が、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)で開催中です。
取材レポートを見る
会場MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)
開催期間2019年3月21日(木・祝)~5月19日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp
展覧会詳細へ 大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい) 詳細情報

福岡市美術館がリニューアル

■自慢のコレクションを、開かれた美術館で

【会期終了】 2016年秋から閉館していた福岡市美術館が、いよいよリニューアル・オープン。より開かれた美術館を目指して、エントランスをはじめさまざまな改修が行われました。記念の展覧会は、全館を使ったコレクション展に加え、世界を舞台に活躍する現代美術家の大規模展です。
取材レポートを見る
会場福岡市美術館
開催期間2019年3月21日(木・祝)リニューアルオープン
所在地 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL : 092-714-6051
HP : https://www.fukuoka-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 福岡市美術館がリニューアル 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社