読者
    レポート
    細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
    細見美術館 | 京都府

    細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」

    文 [エリアレポーター]カワタユカリ / 2020年4月2日
    【5月26日(火)開館予定】
    とんがった現代アートも好きですが、掛軸や屏風など日本独自の美術も惚れ惚れします。
    心待ちにしていた細見美術館での「飄々表具-杉本博司の表具表現世界」展がはじまりました。

    過去に同館では、現代美術家の杉本博司が企画構成する展覧会「味占郷-趣味と芸術-」展(2016年)、「末法」展(2017年)が開催されており、今回が3回目。
    テーマは「表具」です。
    表具とは、布または紙を貼って、巻物・掛物・書画帖・屏風・襖などに作り上げること、また作られたそのものを指します。

    本展では、杉本自身の作品や蒐集品を、古裂を用いて独自のイメージやセンスで新しい姿に仕立てたもの、「杉本表具」が紹介されています。
    また、それらと彼が選んだ細見美術館所蔵品とを組み合わせて展示しているのも見どころです。

    《カリフォルニア・コンドル》杉本博司 2012年 小田原文化財団蔵 

    《華厳滝図》杉本博司 1997年 小田原文化財団蔵 
    軸装されているのは、杉本の写真作品です。
    写真というより水墨画かと錯覚してしまうほどです。とくに《華厳滝図》は、滝から白い光が放たれているようで、神々しく、気持ちを持っていかれました。

    掛軸というと日本画や書を思い浮かべがちですが、展示物を見ていると自由で柔軟なアイデアに刺激を受けます。
    そういえば、過去の「味占郷-趣味と芸術-」展で、女性の背中がぱっくり開いた解剖図の掛軸に衝撃を受けたことを思い出します。

    エジプト《死者の書》断片 紀元前1400年頃(2007年軸装) 小田原文化財団蔵 《花鳥螺鈿蒔絵洋櫃》 桃山時代 細見美術館蔵
    本紙以外にも面白味が詰まっています。
    軸先をご覧ください。
    青銅器時代の杖の柄一対が使用されています。

    そして組み合わせられている所蔵品は、蒔絵の洋櫃。
    それだけでも美しい品ですが、この掛軸の前にあることで箱の中には何があるのだろう、と単体からだけでは感じない興味が湧き出ます。

    《地蔵菩薩後光図》鎌倉時代 《獅子座火焔宝珠形舎利容器》室町時代 細見美術館蔵
    この作品にも、釘付けになりました。
    菩薩から出ている後光が、本紙を越え「柱」や「天地」と呼ばれる周りの部分にまで伸びているのを写真から確認いただけるでしょうか。
    こんな風にしてもいいのかと頭を揺さぶってもらいました。

    《罐鈴汁缶》アンディ・ウォーホール 1974年 キャンベルスープ 1970年代
    まさに大人の本気の遊び。 目の当たりにしました。
    展示に込められた面白い仕掛けや意味をより深く理解したい。
    杉本流の遊びにとことんのめり込みたい。

    そのためには、知識の引き出しを増やさなければなりません。
    それは家にいる時間が長い、まさに今なのかもしれません。絶好の機会の春なのです。

    《素麺のゆでかげん》大田南畝(蜀山人)江戸後期 重要文化財《熊野社権現懸仏》鎌倉時代 細見美術館蔵


    会場細見美術館
    開催期間2020年4月4日(土)~9月6日(日)
    休館日月曜日
    開館時間10:00~18:00(入場は閉館30分前まで)
    所在地京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
    075-752-5555
    HP : http://www.emuseum.or.jp/
    料金一般 1,400円 / 学生 1,100円
    展覧会詳細へ 「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」詳細情報
    エリアレポーターのご紹介
    カワタユカリ カワタユカリ
    美術館、ギャラリーと飛び回っています。感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。どうぞお付き合いお願いいたします。

    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
    会場
    細見美術館
    会期
    2020年5月26日(火)〜9月6日(日)
    開催中[あと59日]
    開館時間
    美術館・ショップ 10:00~18:00 茶室(不定休) 11:00~17:00 カフェ 10:30~18:00
    休館日
    毎週月曜日(ただし、5月4日は開館)
    住所
    〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
    電話 075-752-5555
    公式サイト https://www.emuseum.or.jp/
    料金
    一般 1,400(1,300)円 / 学生 1,100(1,000)円

    ※()内は20名以上の団体
    展覧会詳細 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」 詳細情報
    展覧会ランキング
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと101日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと58日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立新美術館 | 東京都
    古典×現代2020―時空を超える日本のアート
    開催中[あと46日]
    2020年6月24日(水)〜8月24日(月)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催まであと2日
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    開催中[あと45日]
    2020年6月30日(火)〜8月23日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    読者 レポート
    大分県立美術館 | 大分県
    坂茂建築展
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    美術館内諸業務 マネージャー候補 [清春芸術村]
    山梨県
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    (公財)大阪府文化財センター考古学技師正規職員(中途採用)募集案内 [調査事務所等]
    大阪府
    横山美術館 学芸員(正規・1名)募集 [横山美術館]
    愛知県