特別展 「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」


福岡市博物館

〒 814-0001
福岡県 福岡市早良区 百道浜3-1-1

公式サイト

期間

2019年09月07日~2019年11月04日
 [開始まであと13日]

内容

平安時代に発生した侍(武士/もののふ)は、軍事的な力量をたくわえ、幕府を開き、公家に代わって長く日本の社会を構築する担い手となりました。
戦闘を職能とする侍(武士)を象徴するのが、戦場における晴れ姿である甲冑と、その魂ともいわれる刀剣です。

武士が身にまとった甲冑・刀剣をはじめとする日本古来の武具は、単なる戦いのための道具の枠を越え、各時代における美術工芸品の粋であり、精神性を反映した美術品にまで昇華しました。
日本文化の象徴として、海外においても高い評価を得ています。

本展覧会では、武士団が勃興した平安時代中期(11世紀)から桃山時代(17世紀初頭)にいたる、約600年間にわたる甲冑・刀剣等の優品約150点を一堂に展観します。
戦場における実用のなかで研ぎ澄まされてきた甲冑・刀剣の歴史的な進化を紹介します。

休館日

月曜日休館 月曜日が休日の場合は翌平日

アクセス

【市営地下鉄】
博多駅[K11]から約13分、天神駅[K08]から約7分
西新駅[K04]下車1番出口徒歩15分
【西鉄バス】
博多バスターミナル1階5・6番から約25分、
天神高速バスターミナル前1Aかた約20分
博物館北口、博物館南口、福岡タワー南口、福岡タワー(TNC放送会館)下車
【車】
福岡都市高速道路「百道(ももち)ランプ」から約3分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる