特別展 昭和を見つめる目 田沼武能と土門拳


土門拳記念館

〒 998-0055
山形県 酒田市 飯森山2-13 飯森山公園内

公式サイト

期間

2019年04月20日~2019年07月15日
 [終了まであと20日]

内容

2019年4月終わりを迎える平成。節目の今、あらためて「昭和」を見つめる展覧会を開催します。

現在90歳となってなお、日本写真界の第一線で活躍し維けている田沼武能。昭和4年、浅草に生まれ東京大空製を体験した彼は、戦後、土門拳と並び称される昭和の巨匠・木村伊兵衛に師事し、報道写真家の道に進みました。そんな田沼が撮り続けたのは敗戦の混乱から立ち上がり復興してゆく故郷・東京の町、子どもや文化人の姿です。一方、田沼より20歳年上の土門もまた、昭和8年、24歳の時に東京で写真に出会って以後40年余り、様々な角度から日本という国と人とを撮り続けました。

しばしば「激動の」と形容される昭和という時代をふり返る本展。ふたりの写真家の生きたレンズを通して、荒廃からの復興、そして発展の象徴となったオリンピック前夜までの姿をどうぞご覧ください。

料金

一般 800(650)円 / 学生 400(300)円 / 小・中学生 無料

※( )内は20名以上の団体料金

休館日

会期中無休

アクセス

●JR「酒田駅」よりるんるんバス大学線乗車16分、「土門拳記念館」下車、又はタクシー約10分
●庄内空港よりリムジンバス「酒田」行き乗車30分、「東北公益文科大学前」下車徒歩6分、又は空港よりタクシーで約20分
●日本海東北自動車道「酒田I.C.」より国道7号、県道355号経由5分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる