生誕110周年 野口久光 シネマ・グラフィックス


山形美術館

〒 990-0046
山形県 山形市 大手町1-63

公式サイト

期間

2019年04月06日~2019年05月12日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

野口久光(1909-1994、宇都宮市生まれ)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業後、映画配給会社・東和商事(現・東宝東和)に入社、ヨーロッパ映画の宣伝に従事し、戦前戦後にかけて1,000枚を超える映画ポスターを描きました。そのポスターは、タイトルや俳優の名前まですべて手描きで、作品の雰囲気と内容を豊かに表現した「一枚の絵画」としての魅力に溢れています。『大人は判ってくれない』(1959)の監督フランソワ・トリュフォーは、野口の日本版ポスターに感激し、続編のなかに登場させたという逸話も残っています。

野口久光は戦前から映画、ジャズ、ミュージカルの評論家としても活躍し、デューク・エリントンやカウント・ベイシーなど、内外のジャズの巨匠たちと親交を結びました。日米の音楽文化への貢献により、ニュー・オリンズとルイジアナ州クローリーの名誉市民にも選ばれました。

野口久光の生誕110周年を記念する本展では、映画ポスターやその原画、映画スターやジャズプレーヤーのポートレート、さらにデザインを手がけた書籍・雑誌・レコードジャケットなど、約400点に及ぶ作品・資料を一堂に会します。また山形市は2017年、映画分野でユネスコ創造都市ネットワークへの加盟が認定されました。本展会期中、10月に開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭2019と連携したプレイベントも実施されます。時代を経てもその輝きを失わない野口久光のグラフィック・デザインの世界を、映画の都・山形で紹介します。ぜひご覧ください。

料金

一般 900円 / 高大生 600円 / 小中生 400円

※土曜日、5月5日は中学生以下無料
※20名以上団体は各2割引、障がい者とその付添者1名は各半額
※キャンパスメンバーズ制度登録校の学生は学生証提示で無料
※フォーラム山形野口久光展関連企画上映会チケット持参の方は100円引き

休館日

4月8日(月)、15日(月)、22日(月)、5月7日(火)

アクセス

JR山形駅(東口)から徒歩15分

山形駅前からバス「天童(荒谷経由)」行、「山寺」行より約5分、美術館前下車徒歩3分
山形市中心街「100円循環バス」(10分おき運行)で約10分、霞城公園(大手門パルズ)前下車徒歩4分

山形自動車道「山形蔵王IC」から約15分
※山形美術館北側に無料駐車場がございます
※美術館前の山形市大手町駐車場は有料です

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる