古代メソポタミアの楔形文字資料に記された占い


岡山市立オリエント美術館

〒 700-0814
岡山県 岡山市北区 天神町9-31

公式サイト

期間

2019年08月03日~2019年08月03日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

古代メソポタミアの人々は今から5300年前頃に、世界最初の文字、楔形文字を発明しました。楔形文字は、以来3000年間様々なことを記してきましたが、中でも一番多いのが、占いに関する文書だと言われています。古代メソポタミアの人々は、どんな方法で、何を占ったのでしょうか。粘土板に記された占いの世界をご案内します。

講師:月本昭男さん(古代オリエント博物館館長)
定員:50名、要申込

料金

一般 500円(友の会会員は300円) / 学生 100円(友の会学生会員は無料)

アクセス

●JR岡山駅東口より市内電車「東山」行きで約5分、「城下」下車、左手すぐ。
●JR岡山駅東口より徒歩15分。
※当美術館には来館者用駐車場はありませんが、城下地下駐車場と市営天神駐車場(いずれも有料)が付近にあります。

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる