テーマ展「冬虫夏草-虫から生える不思議なキノコ-」


栃木県立博物館

〒 320-0865
栃木県 宇都宮市 睦町2-2

公式サイト

期間

2019年07月13日~2019年09月23日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

皆さんは冬虫夏草という生き物をご存じでしょうか?

「冬は虫の姿で動いていたものが、夏になると草に変わる」という摩訶不思議な生きざまを表現して中国で名付けられたこの生き物は、実は草(植物)ではなく、昆虫などに寄生して生えるキノコの仲間なのです。古来より漢方薬として珍重されてきた冬虫夏草は、大変稀少で、滅多にお目にかかれないイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、その仲間は私たちの身近な自然でもひっそりと生きています。とても小さなキノコなので目につきにくいだけなのです。

冬虫夏草とはどのようなキノコなのでしょうか?冬虫夏草の多種多様な姿かたちと生態を紹介します。そしてぜひ近くの森へ足を向けてみてください。しゃがみこんでじっくり地面を見ると、冬虫夏草に出会えるかもしれません。
○7月27日(土曜日)、8月31日(土曜日)
担当学芸員による企画展展示解説14時~15時(要予約028-634-1312)

料金

一般 250(200)円 / 大学生・高校生 120(100)円 / 中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金

休館日

毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌平日休館)

アクセス

JR宇都宮駅から関東バス市内線(西口バスターミナル13番乗り場)
JR宇都宮駅から関東バス郡部線(西口バスターミナル10番乗り場)
*詳しくは栃木県立博物館のホームページをごらん下さい。

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる