奇才 ダリの版画展


九州芸文館

〒 833-0015
福岡県 筑後市大字津島 1131

公式サイト

期間

2019年08月03日~2019年09月23日
 [終了まであと3日]

内容

シュルレアリスムを代表する画家として活躍したサルバドール・ダリ(1904‒1989)。数々の奇矯な言動で話題を振りまいたダリは、6歳で油彩による風景画を描いて以来、その才能を絵画のみならず、彫刻、オブジェ、舞台、宝石デザイン、広告デザイン、映画、文筆など多方面で発揮します。後半生では版画の制作にも力を入れ、生涯1600点以上の版画作品を残しました。「柔らかい時計」や「松葉杖」といったおなじみのモチーフはここでも健在で、ダンテ『神曲』やゲーテ『ファウスト』などのヨーロッパの古典文学を絵画化した作品群にまで、ダリ独自の世界が展開されています。本展では、彼が版画に精力的に取り組んだ1960年代の作品を中心に、晩年に至るまでの約200点を展示します。奇想天外なダリの版画展をお楽しみください。

料金

一般 800(600)円 / 高大生 500(300)円 / 小中生 300(100)円

※65歳以上の方は特別割引料金(600円)
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方およびその介助者は無料

休館日

月曜日(ただし8月12日、9月16日、23日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)

アクセス

【JR利用】
九州新幹線筑後船小屋駅(博多駅から約25分)下車、徒歩1分
JR鹿児島本線筑後船小屋駅(博多駅から快速で約50分)下車、徒歩1分
【バス利用】
西鉄バス50番(久留米―船小屋)筑後船小屋駅前バス停下車、徒歩1分
【車】
九州自動車道八女ICから約10分、「みやま柳川IC」から約15分
【駐車場】
103台(2時間まで無料/以降1時間100円)

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる