昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展

ほっこりとした色街の姿

「寺島町奇譚」シリーズなど優しいタッチの作品で知られる漫画家・滝田ゆう(1931~1990)。坊主頭に着流しの風貌でTVに出演する、お茶の間の人気者でもありました。今年は「寺島町奇譚」連載開始からちょうど50年、弥生美術館で大規模な回顧展が開催中です。

  • 《漫画ルポ 色彩廓続梯 長崎丸山》(展示期間:2/14~2/25)
  • 《「寺島町奇譚・げんまいぱんのホヤホヤ」原画》
  • 《絵草紙怨歌考(4) 東京・池袋キャバレーX》 / 《スタンドバーの女》
  • 《ぼくが少年キヨシだった頃》 / 《お湯屋帰りのすれ違い》
  • 「貸本少女漫画の習作」
  • 『カックン親父』
  • 「月刊漫画ガロ 滝田ゆう特集」 / 《『月刊漫画ガロ』原画》
  • 「CM・グラビア・エッセイ」
  • 「遺された日記」

「ぬけられます」の看板に誘われて路地に入ると、女性が立っていてなかなか抜けられない…。東京下町・向島区の寺島町にあった私娼窟「玉の井」を舞台にした「寺島町奇譚」シリーズは、滝田ゆうの代表作です。ちょうど50年前の1968年から『月刊漫画ガロ』に連載されました。

玉の井は、滝田ゆうの出身地。スタンドバーを営む義母の元で育った滝田は、空襲で失われたこの街を愛し、「寺島町奇譚」では繊細なタッチで庶民の生活を描きました。

滝田作品の特徴のひとつが、擬音。「ケーン ケーン(踏切の音)」「シコシコシコシコ(鰹節を削る音)」など、既成概念にとらわれない絶妙な表現が光ります。

展覧会では「寺島町奇譚」の原画をはじめ、多くの作品を展示。会場全体が「滝田ゆう」ワールドに溢れています。

会場1階


この世代の多くの漫画家と同様に、滝田ゆうもデビューは貸本漫画でした。「のらくろ」の作者・田河水泡に師事し、1956年の「なみだの花言葉」で本格的に漫画家として出発。「カックン親父」がヒットしてシリーズ化されるなど、ユーモア漫画で一定の評価を得ますが、貸本漫画は衰退していきます。

滝田の運命を変えたのが、1964年創刊の『月刊漫画ガロ』。「カムイ伝」(白土三平)、「ねじ式」(つげ義春)など、個性的な作品が揃ったガロで、滝田は1967年から読み切り漫画を発表。何本かの短編漫画で試行錯誤を経た後に、「寺島町奇譚」が生まれました。

会場には滝田の人柄がしのばれる資料も展示されています。日記で禁酒・禁煙を誓っては挫折、の繰り返し。画材へのこだわりも少なかったようで、子どもたちが使い残した一般的な水彩絵の具を、作品の彩色に使っていました。

会場2階


戦後になると玉の井は「赤線」として復活。1958年の売春防止法で消滅するまで繁栄しましたが、滝田が愛した玉の井は、あくまで戦前の姿です。呑み屋を装った売春店「酩酒屋」(‘めいしゅや’ではなく‘めいしや’)のおねえさんは滝田少年に優しく、その原風景が滝田の作品をつくりました。

滝田ならではの、ほっこりした世界。展覧会は2月14日(水)から後期展が開催中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫・静居絵里菜 / 2018年2月16日 ]

滝田ゆう:昭和×東京下町セレナーデ滝田ゆう:昭和×東京下町セレナーデ

松本 品子 (編集)

平凡社
¥ 1,836


ツイートをみる

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2018年1月3日(水)~3月25日(日)