インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  日本初公開「ラ・ジャポネーズ」が修復後世界初公開―今夏「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」開催

ニュース

日本初公開「ラ・ジャポネーズ」が修復後世界初公開―今夏「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」開催
(掲載日時:2014年03月20日)
初期ジャポニスムを代表するクロード・モネの大作「ラ・ジャポネーズ」が日本で初公開される企画展が今夏、東京で開催されることとなり、2014年3月20日(木)、都内で記者発表が行われた。

モネの初期の代表作である「ラ・ジャポネーズ」は、モネの最初の妻カミーユをモデルに描かれており、第2回印象派展に出品された。当時流行した日本の小物が多く描かれ、日本趣味(ジャポネズリー)の代表的作品として知られる。

本展開催にあたり、所蔵先のボストン美術館では2013年2月より修復プロジェクトを進行。脆弱な部分の安定化と、古いニスなどを取り除いて本来の姿に戻す作業が進められ、修復後は本展で世界初公開となる。

そのほかにも、ボストン美術館所蔵の絵画、版画、工芸品など、約150点が出品。西洋の芸術家たちが日本の浮世絵や工芸と出会った影響をさまざまな角度から検証する。

記者発表では、「ラ・ジャポネーズ」の着物が披露された。この着物は本展のために再現制作され、製作期間は約3か月かかった。着物はワークショップで着ることができる。(詳細は公式HP)

「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」は6月28日(土)~9月15日(月祝)、世田谷美術館にて開催。観覧料は一般当日1,500円、大高生900円、中小生500円。前売券や、オリジナルふきんとセットの前売券(2000枚限定、1,500円)も発売中。








東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 企画展 桜花図譜と牧野富太郎 パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右
手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂 三井家のおひなさま
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社