インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  広重より30年も早い、北斎による「東海道五十三次」 ── すみだ北斎美術館

ニュース

広重より30年も早い、北斎による「東海道五十三次」 ── すみだ北斎美術館
(掲載日時:2017年04月17日)
すみだ北斎美術館「開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」」

2017年4月17日(月)、東京・墨田区のすみだ北斎美術館で「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」のプレス向け内覧会が開催された。

葛飾北斎が描いた東海道五十三次シリーズを紹介する企画展。

東海道五十三次は歌川広重の作品として名高いが、北斎は広重より約30年も前に東海道五十三次シリーズを作成。その数は当時の絵師の中では群を抜いており、人気が高かった事もうかがえる。

北斎が描いた東海道五十三次は現在7種類知られているが、展覧会ではうち6種類を展示。中でも《春興五十三駄之内》の初摺の揃いは、すみだ北斎美術館が所蔵する本作しか知られていない貴重な作品(前後期で全場面を展示)。鳥の目線で江戸から京までの東海道の道のりを一図におさめた《東海道名所絵一覧》も見どころとなる。

手覧回では弟子が描いた東海道の作品も紹介し、北斎の東海道が後年に与えた影響にも迫る。

開館記念展Ⅲ「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」は、すみだ北斎美術館で、2017年4月18日(火)~6月11日(日)に開催。観覧料は一般 1,000円、高校生・大学生・65歳以上 700円、中学生・障がい者 300円。
 


この記事に関連した記事


東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
草間彌生 わが永遠の魂 シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才 屏風にあそぶ春のしつらえ 総合開館20周年記念 夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編
N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 戦国時代の女性のくらし エリック・カール展 アスリート展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社