インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  仁和寺と御室派を紹介する展覧会、2018年に東博で開催

ニュース

仁和寺と御室派を紹介する展覧会、2018年に東博で開催
(掲載日時:2017年06月19日)
仁和寺と御室派を紹介する展覧会、2018年に東博で開催

真言宗御室派総本山の仁和寺(にんなじ)と、全国の御室派(おむろは)寺院が誇る寺宝を紹介する展覧会が行われる事となり、2017年6月19日(月)、都内で記者発表が行われた。

仁和寺は光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願し、次代の宇多天皇が仁和4年(888)に完成させた真言密教の寺院。歴代天皇の厚い帰依を受けたため、すぐれた絵画、書跡、彫刻、工芸品が伝来している。

展覧会では仁和寺創建当時の本尊・国宝「阿弥陀如来坐像および両脇侍立像」、秘仏・国宝「薬師如来坐像」など、仏像の名品などが出陳。僧侶の修行道場のため一般には非公開の観音堂も展示室に再現され、実際に安置されている仏像33体が展示される。

また仁和寺を総本山とし、全国に約790箇寺をもつ御室派寺院からも数々の名品が出陳。葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」は千の手、千の眼、十一の顔を持つ現存最古の千手観音像で、江戸時代の出開帳以来初めて東京で公開される。

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」は東京国立博物館 平成館で、2018年1月16日(火)~3月11日(日)に開催。観覧料は当日券が一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 900円。それぞれ200円引きの前売り券は11月1日(水)から発売される。
 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
遥かなるルネサンス エリック・カール展 はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ― ベルギー奇想の系譜展
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 漆芸の未来を拓く-生新の時2017- 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社