インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  歌麿の「深川の雪」と「吉原の花」、138年ぶりに並べて展示 ── 岡田美術館

ニュース

歌麿の「深川の雪」と「吉原の花」、138年ぶりに並べて展示 ── 岡田美術館
(掲載日時:2017年07月27日)
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」

2017年7月27日(木)、神奈川・箱根町の岡田美術館で「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」のプレス向け内覧会が開催された。

江戸時代の浮世絵師・喜多川歌麿(?~1806)が描いた大画面の肉筆画《深川の雪》と《吉原の花》を並べて紹介する展覧会。

両作は《品川の月》とあわせて「雪月花」三部作と称される作品で、歌麿が親交のあった栃木の豪商・善野家からの注文を受け、栃木で描かれたと考えられている。

三作品は1879(明治12)年に栃木県の定願寺で展示されたが、後にそれぞれが別の所有者の手に渡り、現在《品川の月》はフリーア美術館(ワシントンD.C.)、《吉原の花》はワズワース・アセーニアム美術館(コネチカット州)が所蔵。行方不明だった《深川の雪》は2012年に再発見され、岡田美術館が所蔵している。

展覧会では《吉原の花》が22年ぶりに来日。《深川の雪》と並べられるのは定願寺での展示以来、138年ぶりとなる。

所蔵館の規定により来日できなかった《品川の月》も、原寸大の高精細複製画を制作。三部作が並べて公開される。

「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」は岡田美術館で、2017年7月28日(金)~10月29日(日)に開催。観覧料は一般 2,800円、小中高生 1,800円。
 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
「怖い絵」展 特別展 地獄絵ワンダーランド ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢
六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド 2017 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 秘蔵の名品 アートコレクション展 佳人礼讃-うるわしの姿を描く- 2Dプリンターズ
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
8月1日(火)15時 投票開始!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社