インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「すみだ北斎美術館」がオープン

「すみだ北斎美術館」がオープン

■生誕のすみだに、堂々の帰還
【会期終了】 日本だけではなく、西洋美術にも大きな影響を与え、世界的な芸術家として評価される葛飾北斎(1760-1849)。生涯のほとんどを過ごしたすみだの地に「北斎」の名を冠した美術館が誕生しました。
1760年に、本所割下水(現在の北斎通り)付近で生まれた葛飾北斎。没するまでに93回も転居したといわれていますが、そのほとんどが現在の墨田区内とされています。

大江戸線両国駅から徒歩5分、すみだ北斎美術館は緑町公園に隣接した地にオープンしました。シルバーの外観が特徴的な建物は、妹島和世さんによる設計です。

地上4階・地下1階の館内には、2つの企画展示室と常設展示室のほか、浮世絵や北斎に関する資料を揃えた図書室、オリジナルグッズを揃えたミュージアムショップなども設けられました。

4階の常設展示室の入口手前に掲げられているのが「須佐之男命厄神退治之図」(すさのおのみことやくじんたいじのず)。関東大震災で焼失した北斎晩年の傑作を、白黒画像をもとに復元したものです。


特徴的な外観と、明るい館内

常設展示室は、美術館にしては珍しく黒で統一された空間です。足元の青い光は、隅田川の流れをイメージしています。

展示は7つのエリアで構成。すみだと北斎の繋がりを皮切りに、時代順に代表作(実物大高精細レプリカ)が展示されています。

展示室中央の「北斎絵手本大図鑑」では、北斎の作品がタッチパネルで楽しく紹介されています。こちらは子どもの人気も集めそうです。

常設展示室の最後には、北斎アトリエの再現模型も。リアルな人形はじっと見ていると動きますので、お見逃しなく。


常設展示室

開館記念の企画展は「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」。区が所蔵する北斎の名品の中から肉筆画、版画、摺物、版本など123点(前後期あわせて)を展示する試みです。

会場最初は、後世の画家が描いた北斎のイメージから。引っ越しが多いため「居所不定」と書かれている人名録など、ユニークな資料も展示されています。

本展最大の注目が、幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」です。1902年にフランスで競売にかけられて以降、行方不明になっていた作品で、約100年ぶりのお目見えとなりました。全長約7m、前半は隅田川両岸の景色を洋風表現も交えて描き、後半には新吉原での遊興の様子を生き生きと表現しました。展示ケースが浅めなので、近寄って見られるのもファンには嬉しい限りです。

他にも「冨嶽三十六景」をはじめ、代表的な作品がずらり。世界が驚嘆した北斎ワールドを、じっくりとお楽しみいただけます。


開館記念展は「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」

オープン前から行列ができるなど高い注目を集める中で、華々しくオープンしたすみだ北斎美術館。次回展では、世界的な北斎コレクターのピーター・モース氏によるコレクションと、浮世絵研究の日本での第一人者といわれる楢﨑宗重氏のコレクションも紹介される予定です。今後の取り組みからも目が離せません。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年11月18日 ]

葛飾北斎 美術手帖 増刊 2016年12月号葛飾北斎 美術手帖 増刊 2016年12月号

美術手帖編集部 (編集)

美術出版社
¥ 1,620


■すみだ北斎美術館 に関するツイート


 
会場すみだ北斎美術館
開催期間2016年11月22日(火)開館
所在地 東京都東京都墨田区亀沢二丁目7番2号
TEL : 03-6658-8931
HP : http://hokusai-museum.jp/
展覧会詳細へ 「すみだ北斎美術館」がオープン 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社