インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才

シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才

■知られざるロマン主義の天才
【会期終了】 ロマン主義を代表する画家の一人である、テオドール・シャセリオーを日本で初めて本格的に紹介する展覧会が、東京・上野の国立西洋美術館で開催中です。
テオドール・シャセリオーは1819年生まれ。カリブ海のイスパニョーラ島(現ドミニカ共和国)で生まれます。フランス帰国後、古典主義の巨匠、アングル門下に11歳で入門を許可された早熟の天才で、「やがて絵画のナポレオンになる」と将来を期待される存在でした。

ですが、後にアングルと対立するロマン主義のドラクロワに傾倒。その迫力ある色彩や躍動感ある描写を取り入れつつ、独自のエキゾチックで抒情的な表現を追求していきます。


会場風景

《泉のほとりで眠るニンフ》は、図像は草上のニンフの伝統を踏まえていますが、生身の女性の色香が写実的な表現から感じられます。モデルは女優のアリス・オジーで、シャセリオーとは2年間交際していました。

展覧会のポスターに用いられた《カバリュス嬢の肖像》は、当時パリで最も美しい女性の一人と言われたマリー・テレーズ=カバリュスを描いた作品です。


テオドール・シャセリオー《泉のほとりで眠るニンフ》1850年、《カバリュス嬢の肖像》1848年

26歳の頃にアルジェリアを旅行したシャセリオーは、異国情緒あふれる作品を多く描くようになります。

当時、アルジェリアがフランス領になったこともあり、多くの画家が北アフリカを旅し、作品を描きましたが、特に母子を中心にした家族の風景を多く描いたのはシャセリオーの特徴です。異国生まれで、家に不在がちであった外交官の父を早くに亡くしたことが、シャセリオーの作風に影響したと言われます。


「4 東方の光」会場風景、テオドール・シャセリオー《コンスタンティーヌのユダヤ人街の情景》1851年、「5 建築装飾━寓意と宗教主題」会場風景

シャセリオーは会計検査院の階段室壁画を描いていますが、1871年に起きたパリコミューンで会計院は破壊、壁画もほとんどが燃えてしまいます。現在は残された記録写真や、救出された壁画に基づくタピスリーなどから、当時の面影をしのぶしかありません。

37歳で早逝、そして代表作の破壊により、表舞台からは姿を消すシャセリオーですが、モローやシャヴァンヌなど、次世代の画家たちに大きな影響を与えました。展覧会にはシャセリオーから影響を受けた画家たちの作品も展示されています。

シャセリオーは作品数が限られるため、本国フランスでも1933年と2002年に回顧展が開催されただけ。日本で大規模な展覧会が開かれる機会は大変まれなことと言えます。巡回はなく東京展のみの開催です。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2017年2月27日 ]

国立西洋美術館 公式ガイドブック国立西洋美術館 公式ガイドブック

国立西洋美術館

淡交社
¥ 864


■シャセリオー展 に関するツイート


 
会場国立西洋美術館
開催期間2017年2月28日(火)~5月28日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/chasseriau-ten/
展覧会詳細へ シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社