インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  発掘された日本列島2017

発掘された日本列島2017

■今年は水中遺跡に注目
【会期終了】 全国的に注目された発掘調査の成果を紹介する、毎年恒例の「発掘された日本列島」展。今年度は27遺跡、約500点の出土品が紹介されています。
このコーナーでは2012年からご紹介している「発掘された日本列島」展(2012年2013年2014年2015年2016年)。今年は、会場入ってすぐの目立つ場所で「開陽丸」からの出土品が展示されています。

幕末の徳川幕府の旗艦だった開陽丸。阿波沖海戦では薩摩を撤退させるなど活躍しますが、旧幕府軍の援護に向かう途中で座礁、沈没した悲劇の軍艦です。

海底から約3万点の遺物が引き揚げられており、展示されているのは砲弾やピストル、銃弾、日本刀などの武器から、オランダ人の乗組員が使っていたと見られるスプーンやフォークなど食器まで多彩。船体の一部は銅板や銅網で保護され、海底で現状保存されています。


開陽丸

会場を少し進むと、弥生時代の銅鐸が並んでいます。小さな銅鐸は神明遺跡(岡山県総社市)、大きな銅鐸の一部は天満・宮西遺跡(香川県高松市)からの出土品です。

両遺跡の間は、ざっと200年。大きさの違いから、銅鐸の意図が「聞く銅鐸(中に吊るした‘舌’で音を出す)」から「見る銅鐸(見せる事が主意となる)」に変化した事が良く分かります。

大きな銅鐸は意図的に割られた可能性もあります。これは銅鐸を用いた祭祀が終わった(=新しいシンボルは鏡)ことを示唆しています。


神明遺跡(岡山県)と天満・宮西遺跡(香川県)

歴史は一気に飛んで、近世の鹿児島城跡へ。鹿児島城の石垣を清掃したところ無数の穴が見つかり、西南戦争の弾痕である事が分かりました。会場では穴から見つかった銃弾などが展示されています。

西南戦争最後の戦いである城山攻防戦。残された薩摩軍は僅かな手勢でしたが、5万の明治政府軍は無数の砲弾を浴びせました。負傷した西郷隆盛は「もうここいらでよか」と言い残して自決。国内最後の内戦は、ここに終結したのです。


鹿児島城跡(鹿児島県)

ゲートをくぐった先は、今回のキモといえる「発掘された水中遺跡」。日本には約46万8000カ所の遺跡(世界的にも卓越した多さ)がある一方で、水中遺跡として知られているのはわずか387カ所。まだまだ知られていない水中遺跡が数多く眠っていると思われます。

鷹島神崎遺跡(長崎県)は、弘安合戦(弘安の役)において壊滅した元軍の遺跡。海域から多くの遺物が見つかり、平成24年に水中遺跡としてはじめて史跡に指定されました。これを期に、本格的な水中遺跡の保護がはじまったのです。

会場では鷹島神崎遺跡から見つかった「てつはう(鉄砲)」を展示。調査の結果、火薬とともに鉄片や陶器片も詰められていた、殺傷能力が高い武器だったことが分かっています。


「発掘された水中遺跡」

もうひとつの特集として、東日本大震災の被災地に焦点を当てた「復興のための文化力」も、例年どおり実施。また、東京開催の地域展として「“速報”四谷一丁目遺跡 - 麹生産にみる江戸・東京 -」も展示されています。

江戸博からはじまり、今年は青森、三重、愛知、長崎と巡回します。会場と会期はこちらをご覧ください

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月2日 ]

発掘された日本列島2017 新発見考古速報発掘された日本列島2017 新発見考古速報

文化庁 (著)

共同通信社
¥ 1,944


■発掘された日本列島2017 に関するツイート


 
会場江戸東京博物館
開催期間2017年6月3日(土)~7月23日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/15140/%E7%99%BA%E6%8E%98%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B62017-3/
展覧会詳細へ 発掘された日本列島2017 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社