[2019年09月13日]

素朴でのびやかな高麗茶碗 ── 三井記念美術館で「茶の湯名椀『高麗茶碗』」

三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」


2019年9月13日(金)、東京・日本橋の三井記念美術館で「茶の湯名椀『高麗茶碗』」展のプレス向け内覧会が開催された。

高麗茶碗は、室町時代末期、朝鮮半島から日本に伝来。

中国伝来の唐物が主流だった当時、日本独特な侘びの茶風が広がるとともに新しく見いだされた。

展示作品は、16世紀~18世紀中頃までを3つの時代と特徴に分けて紹介。

素朴さとおおらかさをもつ高麗茶碗の魅力を、其々鑑賞することができる。

作品と一緒に高台の写真も見ることで、より全体の表情が感じられる。

「茶の湯名椀『高麗茶碗』」は三井記念美術館で、2019年9月14日(土)~12月1日(日)に開催。観覧料は一般 1,300円、大学生・高校生 800円、中学生以下無料、70歳以上 1,000円。