インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  過去最大級の回顧展、「ホイッスラー展」今秋開催

ニュース

過去最大級の回顧展、「ホイッスラー展」今秋開催
(掲載日時:2014年05月23日)
2014年5月23日(金)、今秋開催されるホイッスラー展の記者発表が行われた。

19世紀、主にロンドンとパリを拠点に活躍したアメリカ人画家、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの画業を網羅する大規模回顧展。日本では27年ぶり、世界でも20年ぶりの開催となる。

モネなど印象派の画家とも親交があり、また、構図や色彩の調和に点においては日本美術からインスピレーションを受けたホイッスラーは、ジャポニスムの画家として知られる。

ホイッスラーは、世界的に19世紀代表する巨匠として人気があり、まとまった作品を展示する回顧展の開催は難しいとされていたが、本展では油彩、水彩、版画、約130点が一挙に展示される貴重な機会となる。
また、東洋の陶磁器など生前の所持品や、影響を受けた浮世絵も展示する。

「ホイッスラー展」は2014年9月13日(土)~11月16日(日)まで京都国立近代美術館で、2014年12月6日(土)〜2015年3月1日(日)まで横浜美術館で開催。料金はともに一般当日1,500円。前売りチケットは京都展が8月1日より、横浜展が9月16日より発売される(一般1,300円)


 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
遥かなるルネサンス エリック・カール展 はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ― ベルギー奇想の系譜展
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 漆芸の未来を拓く-生新の時2017- 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社