インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  フェルメール《天文学者》が初来日 ── 2015年、東京と京都で「ルーヴル美術館展」

ニュース

フェルメール《天文学者》が初来日 ── 2015年、東京と京都で「ルーヴル美術館展」
(掲載日時:2014年10月02日)
16世紀から19世紀半ばまでのヨーロッパ絵画で、風俗画の展開をたどる企画展「ルーヴル美術館展 日常を描く ― 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」の記者発表会が、2014年10月2日(木)、都内で行われた。

家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族など、人々の日常生活の情景を描いた「風俗画」をテーマに、約80点が来日。従来、風俗画の展覧会は「オランダ17世紀」「フランス18世紀」など、地域や時代を限定したものが多かったが、本展ではヨーロッパ風俗画の多様な展開を時代と地域を横断して紹介する。

17世紀オランダを代表するヨハネス・フェルメールが1668年に描いた油彩《天文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、マセイス、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠の作品が揃う。

東京展は国立新美術館で2015年2月21日(土)~6月1日(日)、京都展は京都市美術館で2015年6月16日(火)~9月27日(日)に開催。

東京展の観覧料は、当日一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円。2枚で一般当日券1枚分の「半額ペアチケット」(2枚で1,600円、展覧会初日から7日間有効)は10月31日(金)まで数量限定発売。グッズ付きチケットは11月1日(土)から発売される。

なお、日本テレビとルーヴル美術館は2012年に長期的な展望にたった新たな協力関係を築くことに合意。2018年から4年に1度、計5回にわたって日本で大規模な「ルーヴル美術館展」を開催する。本展はそれに先立って行われるもので、2034年までの20年間で合計6度のルーヴル美術館展が日本で開催される事となる。



「ルーヴル美術館展 半額ペアチケット」はこちらからiconicon

 


この記事に関連した記事

その他のニュース

東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー 特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 江戸の納涼 奇々怪々 お化け浮世絵展
プリンス&プリンセス ─ 語り継がれる幸せの言葉 ようこそ地獄、たのしい地獄 青 ─近現代の青磁─/ 風景画展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社