インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  フェルメール《天文学者》が初来日 ── 2015年、東京と京都で「ルーヴル美術館展」

ニュース

フェルメール《天文学者》が初来日 ── 2015年、東京と京都で「ルーヴル美術館展」
(掲載日時:2014年10月02日)
16世紀から19世紀半ばまでのヨーロッパ絵画で、風俗画の展開をたどる企画展「ルーヴル美術館展 日常を描く ― 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」の記者発表会が、2014年10月2日(木)、都内で行われた。

家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族など、人々の日常生活の情景を描いた「風俗画」をテーマに、約80点が来日。従来、風俗画の展覧会は「オランダ17世紀」「フランス18世紀」など、地域や時代を限定したものが多かったが、本展ではヨーロッパ風俗画の多様な展開を時代と地域を横断して紹介する。

17世紀オランダを代表するヨハネス・フェルメールが1668年に描いた油彩《天文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、マセイス、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠の作品が揃う。

東京展は国立新美術館で2015年2月21日(土)~6月1日(日)、京都展は京都市美術館で2015年6月16日(火)~9月27日(日)に開催。

東京展の観覧料は、当日一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円。2枚で一般当日券1枚分の「半額ペアチケット」(2枚で1,600円、展覧会初日から7日間有効)は10月31日(金)まで数量限定発売。グッズ付きチケットは11月1日(土)から発売される。

なお、日本テレビとルーヴル美術館は2012年に長期的な展望にたった新たな協力関係を築くことに合意。2018年から4年に1度、計5回にわたって日本で大規模な「ルーヴル美術館展」を開催する。本展はそれに先立って行われるもので、2034年までの20年間で合計6度のルーヴル美術館展が日本で開催される事となる。



「ルーヴル美術館展 半額ペアチケット」はこちらからiconicon

 


この記事に関連した記事


東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社