インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  マンガ、アニメ、ゲームを総合的に展望する展覧会、国立新美術館で今夏開催

ニュース

マンガ、アニメ、ゲームを総合的に展望する展覧会、国立新美術館で今夏開催
(掲載日時:2015年02月04日)
「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」記者発表
(左から)室屋泰三氏(国立新美術館主任研究員)、南雄介氏(国立新美術館副館長)

手塚治虫が亡くなった1989年から現在までの25年間に焦点をあて、複合的メディア表現として深化している日本のマンガ、アニメ、ゲームを総合的に展望する展覧会が東京と兵庫で開催される事となり、2015年2月4日(水)、都内で発表会が開催された。

展覧会は「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」。日本のマンガ・アニメ・ゲームは国際的にも注目度が高く、「100年後には第2のジャポニスムと言われるかも」(国立新美術館・南雄介副館長)と評されるが、3ジャンルを包括的に取り扱う企画は世界的にも珍しい。

1989年以降に制作されたマンガ、アニメ、ゲーム作品について、作品と作品の関係性、そして同時代の社会やテクノロジーと作品との関係を概観。「プロローグ:現代のヒーロー&ヒロイン」「テクノロジーが描く「リアリティー」―作品世界と視覚表現」「ネット社会が生み出したもの」「出会う、集まる―「場」としてのゲーム」「キャラクターが生きる=「世界」」「交差する「日常」と「非日常」」「現実とのリンク」「エピローグ:作り手の「手業」」の8章で構成する。

取り上げられるタイトルとして、この日は「NARUTO」「ストリートファイターII」「ドラゴンクエスト」「電脳コイル」「バイオハザード」「ファイナルファンタジーⅦ」「コロニーな生活」「ドリームキャスト シーマン」「モンスターハンター2」「ダンスダンスレボリューション」「メタルギア ソリッド」などが紹介された。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」は東京・港区の国立新美術館 企画展示室1Eで2015年6月24日(水)~8月31日(月)、兵庫県立美術館 ギャラリー棟 ギャラリーで9月19日(土)~11月23日(月・祝)に開催。東京展は当日一般 1,000円、大学生 500円。前売はそれぞれ200円引き。
 


この記事に関連した記事


東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 企画展 桜花図譜と牧野富太郎 パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右
手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂 三井家のおひなさま
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社