インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  夭折の天才画家ビアズリーと日本の関係に迫る ── 滋賀県立近代美術館

ニュース

夭折の天才画家ビアズリーと日本の関係に迫る ── 滋賀県立近代美術館
(掲載日時:2016年03月08日)
滋賀県立近代美術館「ビアズリーと日本」

滋賀・大津市の滋賀県立近代美術館で「ビアズリーと日本」が開催されている。

1890年代、彗星のように画壇に登場し、イラスト界に旋風を巻き起こした夭折の天才画家オーブリー・ビアズリー(1872-98)の作品を中心に紹介する企画展。

1894年に出版されたオスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』英訳版にイラストが掲載されたビアズリーは熱狂的に支持され、19世紀末のイギリスは「ビアズリー時代」として花開いた。

その活躍は大正時代の日本にも伝わり、版画家や挿絵画家、グラフィックデザイナーは強く影響を受けている。

展覧会ではビアズリーを軸に展開した日英のアートの相愛関係を、およそ270点のイラスト、版画、装幀本で紹介。妖しい魔力に満ちたビアズリーの白黒の世界を展観する。

「ビアズリーと日本」は滋賀県立近代美術館で3月27日(日)まで開催。観覧料は一般 1,000円、大学生・高校生 650円、小中学生 450円。
 


その他のニュース

東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー 特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 江戸の納涼 奇々怪々 お化け浮世絵展
プリンス&プリンセス ─ 語り継がれる幸せの言葉 ようこそ地獄、たのしい地獄 青 ─近現代の青磁─/ 風景画展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社