インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  ゴッホが憧れた日本、日本が愛したゴッホ ── 札幌・東京・京都で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

ニュース

ゴッホが憧れた日本、日本が愛したゴッホ ── 札幌・東京・京都で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
(掲載日時:2017年03月14日)
ゴッホと日本の関係に迫る ── 札幌・東京・京都で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

2017年3月14日(火)、東京・台東区の東京都美術館で「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」の記者発表が行われた。

展覧会は世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)と日本との関係性を検証するもので、ゴッホ美術館(オランダ)との共同企画。

ゴッホはパリとアルルに住んでいた頃、日本に関する文献や浮世絵などの影響を受け、日本への憧れを深めていた。一方で日本でも多くの芸術家や知識人がゴッホに憧れ、ゴッホの死後に墓があるフランスのオーヴェールを巡礼している。

展覧会は「第1部 ファン・ゴッホのジャポニスム」と「第2部 日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部構成。

1部では、ファン・ゴッホが日本から如何なる影響を受けていたのか、ファン・ゴッホ作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など50点あまりを展示。

2部では里見勝蔵、佐伯祐三、斎藤茂吉、式場隆三郎らの名が残る、ガシェ家に残された3冊の芳名録を初公開。芳名録に基づいた約90点の資料で、最初期における日本人のファン・ゴッホ巡礼をたどる。

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」展は札幌、東京、京都の3会場で開催。2017年8月26日(土)~10月15日(日)に北海道立近代美術館、10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)に東京都美術館、1月20日(土)~3月4日(日)に京都国立近代美術館。
 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社