《加彩猿置物》

この作品の応援メッセージを見る

加彩猿置物角倉一方堂 江戸時代~明治時代(19世紀)

京都市立芸術大学芸術資料館

角倉一方堂は、名は玄寧といい、京都の町衆だった。嵯峨の角倉別邸に設けた窯で陶器を焼いたという。高橋道八(1783-1855)、永楽保全(1795-1854)ら時の名工を招いて作陶を学び、茶器、酒器などの陶器や、楽焼を制作したと伝えられる。器には一方堂の印があり、作風は道八との関係をうかがわせる。また、一方堂焼は、玄寧が三代道八(1811-79)に差配させて五条坂の陶工に作らせたものともいう。

担当者からのコメント:ユーモラスでかわいらしい猿の置物ですが、毛並みや表情は細やかで写実味があり、鳴き声も聞こえてきそうです。ちゃんちゃんこを着ているところが猿回しを連想させて、より親しみやすい印象をもたせる作品です。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
東京都
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと56日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと21日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
3
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
開催中[あと15日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
4
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと49日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
5
東北歴史博物館 | 宮城県
世界遺産 大シルクロード展
開催中[あと49日]
2024年4月9日(火)〜6月9日(日)